アコムの返済方法は?返済日時はいつ?定率リボルビング方式って何?

ようやくお金を借りる事ができた!とほっとしたのも束の間、いざ返済という時、いつ、どうやって返せばいいんだっけ?とあわてる方もいるのでは?

アコムの返済方法は6通りあります。

  • インターネット
  • 店舗
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込

順に返済方法をみていきましょう。

・インターネットから返済

特徴として、いつでも振込(返済)が出来る事、振込手数料がかからない事があります。

ただし事前にアコムのインターネット返済が可能な金融機関で「インターネットバンキング」契約が必要です

まずアコムのホームページを開き、会員メニューにログインした後、「インターネットでのご返済」を選択します。
あとは返済金額を入力するだけで返済できます。

・店舗で返済

こちらも返済の時、手数料はかかりませんが営業時間が平日の9:30~18:00(土・日・祝日は休業)のため注意が必要です。

・アコムATMから返済

アコム店舗やむじんくんに併設されているアコムATMで返済する方法です。
手数料は無料で、営業時間はメンテナンス時をのぞき24時間利用可能です。

・提携ATMから返済する方法

コンビニ、銀行など、提携金融機関のATMを使って返済する方法です。

具体的にコンビニ名を挙げます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

利用できる銀行も挙げます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行

その他、地方銀行でも提携している銀行があります。

アコムのステッカーの貼られているATMからは返済可能なので、チェックしてみてください。
またアコムのホームページからも確認する事ができます。
ただし提携ATMからの返済は別途手数料がかかります。

返済金額一万円以下は110円。一万円以上の場合は220円。毎月利用料がかかってくると塵も積もれば…という事になりますね。
もし、近くにアコムATMもあるなら、そちらで返済した方がお金はかからずすみます。

・口座振替で返済

口座振替なら毎月6日に口座から自動引き落としされます。
手数料もかかりませんし、うっかり返済を忘れた!という事もありませんので便利です。

ただし、事前に引落し口座の登録手続きをしなければならない事と、申し込んでから2,3ヶ月かかるので注意が必要です。

・銀行振込で返済

あまり一般的な返済方法ではありませんがアコムの指定口座に振込んで返済という方法もあります。
振込先の口座番号などは、アコムのホームページ会員メニューの「返済時の振込入金口座照会」から確認できます。

ただし、振込手数料はかかります。

なお、「つい、支払期日を忘れて返済が遅れてしまう」という方や「カードの有効期限っていつだっけ?」という時、メールサービスを登録しておくと、返済期日やカードの有効期限などを事前に送信してくれるサービスもあります。

毎月の返済金額はいくら?

さて、月々の返済方法をご紹介しましたが、毎月どのくらいの金額を何回以内に返済すればいいのでしょう?
もちろん借入金額によっても変わってきますが、例を挙げて説明してみましょう。

毎回の返済金額は【借入金額×一定の割合】で決まってきます。

「一定の割合」というのは、借りる人の条件と借入金額によって異なりますが

100万円未満の場合、3.0%~18.0%
100万円~800万円の場合、3.0%~15.0%
となっています。

例えば「一定の割合」が4.2%、実質年率が18.0%で10万円借入た場合
100,000円×4.2%=4,200円
千円未満は切り上げとなるため毎回の返済金額は5,000円以上という事になります。

そして返済回数ですが、
借入利率18.0%の場合47回まで
15.0%の場合は44回まで
となります。

定率リボルビング方式って何?

ところで、アコムのホームページなどを見ると、よく
「ご返済方式は、定率リボルビング方式です。」
と書かれているのを目にしますね。
定率リボルビング方式とは一体何でしょうか?

これは、毎月の返済額(元金+利息)を一定額にする方式です。
これだけでは分かりにくいので具体的に説明すると、

例)実質年率18.0%で10万円を借り、30日ごとに1万円ずつ返済する場合

返済金は毎月同じ10,000円ですね。
ところが、最初の返済では利息の占める割合がかなり多いのがわかると思います。
そしてだんだん元金部分が多くなり、利息の支払いが減っています。

定率リボルビング方式は毎月返済額が一定なので分かりやすいという面がありますが、初めのうちは利息の支払いが多く、借りたお金(元金)がなかなか減らないという面もあります。

※1回目の例
利息=借入残高(100,000円)×実質年率(18.0%)÷365日×利用日数
※2回目以降の例
借入残高(100,000円-前回までの返済した元金の合計)×実質年率(18.0%)÷365日×利用日数(30日)

利息の計算方法は例を見ていただいたら分かりますが、利息は借入残高に対して利用日数分だけを計算するので、30日ごとと決めていてもその期日より早く返すほど少なくてすみます。

ただし、返済期日より15日以上前に入金すると、前月の追加入金扱いとなり返済期日が変わりませんので注意が必要です。