アコムの審査は甘い?厳しい?審査に通る方法

お金を借りようと思ったとき、カードローンやキャッシング利用の審査基準は消費者金融ごと違います。
女優の佐藤美希さんと俳優渡部篤郎さんのCMでおなじみのアコムは、はじめてのカードローンやクレジットカードを利用しようとする方への対応が手厚いのが特徴です。

アコムの審査は厳しいのか、審査基準や新規貸付率を調査しました。また、審査に落ちる人の特徴や審査に通りやすくなる方法をまとめました。

アコムの基本情報

  • はじめての方は30日間金利無料
  • 3秒診断の借り入れシミュレーション
  • 24時間365日ネット申し込み可能
  • 最短1分で振り込み(楽天銀行の口座をお持ちの方の場合)
実質年率 3.0%~18.0% 融資可能額 1万円~800万円
審査時間 最短30分 即日融資 土日祝も可能

アコムの審査基準

アコムの審査基準は公表されていないため正確な基準はわかりませんが、申し込み条件から予測することができます。
アコムの申し込みは20歳以上で安定した収入があり、返済能力がある方が申し込むことが出来ます。
正社員に限らずアルバイトやパートの方でも利用できます。また、公式サイトには年金受給者でもアルバイトや自営業をして自身の収入がある方も対象になると記載があります。派遣社員や自営業で生計を立てている方も申し込み可能です。
つまり、アコムは毎月一定の収入があり、毎月決められた返済金額を返していけるかということを重視して審査をしています。

アコムの新規契約率を他社と比較してみました

アコムと同様に30日間金利無料の制度があるアイフルとプロミスで新規契約率を比べてみます。

2019年11月 2019年12月 2020年1月
アコム 44.3% 42.1% 40.6%
アイフル 43.6% 44.6% 45.7%
プロミス 46.6% 43.6% 42.4%

アコムマンスリーレポートアイフルマンスリーレポートプロミスマンスリーレポートより参照。
昨年11月から今年の1月までの新規契約率平均は、アコム42.3%、アイフル44.6%、プロミス44.2%です。このことから、3社の契約率の差はさほどないということがわかります。

アコムの審査は甘すぎずあくまで平均的

新規契約率は各社同じくらいでした。新規契約率が50%を切っているので約半数が審査落ちしている計算になります。よって、アコムの審査は特別甘くも厳しくもなく、あくまでも平均的と言えます。
アコムに限らず、融資条件に合わない人は審査には通りません。
次の章では、アコムの審査に落とされてしまう人の特徴をまとめました。

アコムの審査に落ちる人の特徴

アコムの審査に落ちる人は自身になにかしらの原因があるということです。
実際に審査に落とされやすい原因を以下にまとめました。該当するものが多いほど審査に落とされる可能性が高くなります。

在籍確認が取れない

アコムの審査は必ず勤務先に在籍確認の電話がされます。在籍確認は申し込み者が実際に申告した勤務先で勤務しているのかという確認でされます。
アコムが在籍確認が取れないということは申し込み者は働いていないという判断がされてしまいます。
また、勤務先に在籍をしていたとしても産休や育児休暇中の在籍確認は難しいと言えます。申し込み時にすでに退職済みだったり、転職中も同様です。
これらが難しいといえるのは、アコムの申し込み条件にある安定した収入と返済能力に欠けてしまうためです。

他社からの借入が多い

アコムの審査では申し込み者が銀行や他の消費者金融で借り入れを行っていないかという確認も行われます。
他社からの借り入れが多いと返済能力に欠けていると判断され審査にマイナスに働いてしまいます。他社の返済と重なり、アコムへの返済が滞ってしまうというリスクがあるため他社借入がある方には慎重に審査がされます。
また、アコムなどの消費者金融は総量規制という法律が定められており、年収の3分の1以上の貸付は行えません。
例を挙げると、年収300万円の方は最大100万円までしか借りれません。すでに、他社から100万円借り入れをしていた場合はアコムの審査には通りません。
アコム以外で多くお金を借りていたり、融資額が年収の3分の1を超えるようであれば審査には通りにくくなるので注意しましょう。

信用情報に傷がある

信用情報に傷がある場合はその時点で審査に落ちます。具体的には以下のようなことです。
自身に当てはまる事項がある場合は、アコムだけでなく消費者金融や銀行に申し込むことは避けましょう。

  • 返済の延滞や滞納がある
  • 債務整理をしてブラックリストに載った
  • 短期間に複数カードローンの申し込みをした

毎日何気なく使っているクレジットカード代金の支払い忘れはありませんか?クレジットカードに限らず、携帯代金や公共料金の延滞もアコムの審査に影響を及ぼします。
また、過去に債務整理を行った方は金融事故として扱われ、ブラックリストに載ります。一度ブラックリストに載るとその情報は5年から10年残ります。ブラックリスト期間が過ぎ、返済能力があれば申し込むことができます。
そして、短期間に複数のカードローン会社に申し込みをすることを申し込みブラックといいます。カードローンの申し込み履歴は信用情報機関に登録されます。短い期間の間にたくさんの申し込みをすることは消費者金融側からいい印象は受けません。理由は、たくさんの会社からお金を借り、多重債務者になることで融資金の回収ができなくなるというリスクがあるためです。

収入が不安定

アコムは利用者の収入が不安定だと返済が滞るリスクがあります。そのことから毎月安定した収入があることが必須です。
無職の方や、専業主婦の方は自身の収入がないので審査に通りません。
また、アルバイトやパートで毎月の収入がバラバラの方でも、毎月給料日に収入を得ているので安定した収入としてみなされます。
しかし、勤務年数が極端に短いと審査に不利になってしまいます。最低でも半年から1年の勤務の実績を作るようにしましょう。

アコムの審査に通る方法

アコムなどカードローン審査は利用者の信用情報が最も重要になります。
アコムの審査に通りやすくなる方法をまとめました。事前に対策をして審査を有利に進めていきましょう。

勤続年数の実績を作る

アコムの申し込み条件に安定した収入とありますが、勤続年数が長いほど高く評価がされます。
勤務年数は利用者が働いてきた実績になります。入社して数か月や転職後すぐに申し込みをしても退職されるのではないかと不安視される可能性があります。
そのため、勤務年数は1年以上作ってからが好ましいです。アルバイトやパートの方は最低でも6ヶ月以上の勤務実績を作って審査に臨みましょう。

借入希望額は少額で申請する

アコムの利用限度額は1万円から800万円ですが、借り入れ希望額を低く設定することで審査に通りやすくなります。
借入希望額を少額にすることは、必要最低限の借入で計画的に利用できるとアピールになります。
多額の借入が必要でなければ10万円以下で申請するのがいいでしょう。

虚偽の申告をしない

虚偽の申告は必ずバレてしまいます。年収や勤続年数などの申告は嘘のないようにしましょう。
また、故意ではなくても申告の際の記入ミスも審査に響くので間違えのないように申告しましょう。
そして、担当者とのやり取りは丁寧を心掛け、誠実な対応をして少しでも印象を良くしましょう。

申し込み前にアコムを利用できるか調べる方法

アコムでは申し込み前に借入可能かどうか確認できる3秒診断というものがあります。3秒診断は、「年齢」・「年収」・「カードローンの他社借入額」の3項目を入力するだけで借入可能かどうか調べることができます。

年齢 アコムの定める申し込み年齢の範囲内か。(20歳以上)
年収 貸付出来る金額はいくらになるのかの確認。(貸金業法により、貸付は年収に対し3分の1までとなるため)
他社借入額 他社借入額と合わせて年収の3分の1以上を超えていないかの確認。

上記のように3つの項目にはそれぞれの意味があります。アコムの3秒診断では総量規制に引っかからないかの確認がされ借入できるかの結果が表示されます。

3秒診断と審査の違いとは

3秒診断で借り入れ可能と結果が出れば審査に通るとは限りません。3秒診断ではあくまで融資ができるかの判断がされます。
しかし、本審査ではより詳しく申し込み者について審査されます。本審査では信用情報機関の情報と在籍確認が主に行われ、最終的に借入可能かどうかの判断がされます。
アコムの3秒診断は簡易的なものなので履歴などは残りません。しかし、3秒診断後にアコムに申し込みをした時点で信用情報機関に履歴が記録されます。審査に通った、落とされた場合でも同様に信用情報機関に記録されます。無事に審査に通れば問題ありませんが、仮に審査に落とされてしまった場合は約半年間記録が残ります。アコムの審査落ちをして他社で審査を受ける際に不利になってしまいます。

信用情報は自身でも確認できる

カードローン審査ではアコムは信用情報機関に問い合わせ、申し込み者の信用情報が調べられますが、信用情報は個人でも開示請求ができます。
過去に信用情報に傷をつけていないかなどを確認することができます。心当たりがある方や心配な方は一度自身の信用情報を確認してみるのもいいでしょう。