アメックス ゴールドカードの使い方まとめ。審査難易度やメリット・デメリットをまとめました

世界が認めるゴールドカードのシンボル、アメックス ゴールドカード。

ステータス性の高いカードとして知られており、持っているだけで一人前の社会人と言えるカードです。

特典やサービスについても、プラチナカード並みの待遇となっています。

本記事では、アメックス ゴールドカードの特徴やお得な使い方について紹介します。

特徴

アメックス ゴールドカードは日本で初めて発行されたゴールドカードとしても知られています。

分類としてはゴールドカードですが、年会費や特典・サービスは他社のプラチナカード相当のクレジットカードです。

1.基本スペック
まずはアメックス ゴールドカードの基本スペックについて確認していきましょう。
年会費 29,000円(税別)
ポイント還元率 0.30?0.33%
※商品券・ギフトカードに交換した場合
国際ブランド アメックス
ETC年会費 1年目無料
2年目以降は1度でも利用があれば無料、利用がなければ500円(税別)
利用可能額 一律の制限なし
年会費は2,9000円(税別)となっており、一般的なゴールドカードの年会費と比べても高めです。家族カードは1人目まで無料で、2人目以降は1人につき12,000円(税別)で追加できます。

利用可能額は一律の制限なしとなっており、会員の年収やカードの利用状況に応じて定められます。

2.審査難易度
アメックス ゴールドカードの申し込み条件は、
「20歳以上、定職がある方」
となっています。

世間一般では、アメックス ゴールドカードの審査難易度は高いと良く言われます。
実際の審査基準は公開されていないため真相はわかりませんが、他のゴールドカードと比べて年会費が高いことや利用額の上限を定めていないことから、それ相応の安定した収入が必要であることが考察できます。

メリット

年会費が高めに設定されているアメックス ゴールドカードですが、それに見合うような魅力的なサービスや特典が提供されています。

ここでは、アメックス ゴールドカードのメリットについて紹介していきます。

1.ゴールド・ダイニングの利用で提携レストランの1人分のコース料理が無料
国内外で200以上ある提携レストランで所定のコースを2人以上で予約した場合、1人分が無料になります。

2. プライオリティ・パス・メンバーシップの年会費が無料
国内外の1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用することができるプライオリティ・パス・メンバーシップが年会費無料で利用できます。
同伴者についても、1回につき+27ドルでラウンジを利用することができます。

3.空港から手荷物を無料で宅配できる、手荷物宅配サービス
海外から帰国した際、荷物1つを無料で自宅や職場に宅配することができます。
お土産などで帰国時の荷物が増えた際に嬉しいサービスです。

4. アメックス会員専用のトラベル・サービス
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクを利用すれば、電話一本で国内外の航空券やホテルを手配してもらえます。
こちらの希望を言うだけで全ての段取りを済ませてもらえるため、忙しい会社員の人には便利なサービスです。

5.豪華なメンバーシップ・イベント
アメックス会員限定の豪華なイベントに参加できます。
過去には清水寺の夜間特別拝観や、アメックスがオフィシャルスポンサーになっている川崎フロンターレの試合のVIP席観戦イベントなどがありました。

デメリット

続いては、アメックス ゴールドカードのデメリットや注意点について紹介していきます。

1.年会費が高額
アメックス ゴールドカードの年会費は2,9000円(税別)となっており、クレジットカードとしては高額の部類に入ります。
その分特典やサービスが充実しているため、存分に活用して元を取るようにしましょう。

2.ポイント還元率が低い
アメックス ゴールドカードのポイント還元率は0.30?0.33%となっており、年会費が高い割には通常のクレジットカードと大して差がありません。

アメックス ゴールドカードはポイント還元よりも、サービスや特典で年会費の元を取るクレジットカードと言えます。
まとめ
アメックス ゴールドカードは持っているだけで人に自慢できるような、ステータス性の高いゴールドカードです。
ステータス性が高いだけでなく、サービスや特典も他のゴールドカードを圧倒する豪華さ。
特に海外旅行や海外出張が多い人は、多くの恩恵を受けられるでしょう。
これを機に、ぜひ申し込みを検討してみてください。