今すぐ5万円借りたい時に少額のお金を借りる方法

今までにカードローンを利用したことがない方は、5万円程度の少額融資はすぐに受けることができます。

しかし、今すぐ5万円を借りたい場合は、消費者金融か銀行カードローンのどちらで借りるべきか悩む方も多いと思います。

このページでは、5万円程度のお金をすぐに借りれるカードローンの紹介をしていきます。

今すぐ5万円を借りたいなら消費者金融がベストな理由

少額融資を受けるなら消費者金融がおすすめです。なぜなら、無利息期間があるからです。

少額のお金を借りるなら審査はすぐ済みますし、ブラックの方でない限り安定した収入があれば審査に落ちることはまずありません。

すぐに少額融資の受けれるカードローンで今日・今週のお金の心配をなくしていきましょう。1万円~10万円までの少ない金額を借入するのは、審査難易度からすると簡単な部類に入ります。

今回限りでの利用であるなら無利息期間のある消費者金融をおすすめしますが、どうせ借りるなら銀行カードローンの方がメリットが多くあります。

銀行カードローンで少額を借りた場合、あなたは次回からの借入でも低金利でお金を借りることが可能です。それに加え、贔屓にしている銀行のカードローンを利用した場合、今後銀行でローンを組みたいと考えたときの信用を積み上げることができます。

消費者金融と銀行カードローン。

目先のことを考えての少額借入なら消費者金融がおすすめですが、長い目で見たときにメリットが大きいのは銀行カードローンです。

しかし、1万円・5万円といった少ない額のお金を借りるときには注意点があります。

あなたは利息制限法というものを知っているでしょうか?

貸金業者に対して貸付をする際、一定の金額に対して設定できる金利上限を制限している法律のことです。

利息制限法で定められる上限金利は以下の通りです。

  • 10万円未満⇒最大年利20%
  • 100万円未満⇒最大年利18%
  • 100万円超⇒最大年利15%

利息制限法の上限金利の表記だけを見ると、1万円・5万円といった少額融資を受ける際には最大で20%の金利がかかることが分かります。

しかし、銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りる場合には最大金利の上限設定を18%以下に設定していることが多く、ネームバリューのある貸金業者で少額融資を受けるなら金利の心配はさほど必要ないでしょう。

注意すべきは電信柱に貼ってあるチラシに書いてあるような「審査時間10分!」というようなすぐ貸しますとうたっている中小企業の消費者金融のサラ金・街金です。

クリーンに営業をしていたとしても実質年利20%の金利を取られる可能性があるばかりか、たちの悪いサラ金につかまってしまうと法律度外視の貸付をする場合もあります。

間違ってもすぐにお金が用意できるならという安易な考えで名前の聞いたこともないような貸金業者からお金を借りることは止めましょう。

銀行カードローンは少額の融資に向いていない理由

銀行カードローンで少額のお金を借りる場合、借りるところに注意が必要です。少額のお金を借りるケースの多くはすぐにお金を手元に用意したい。

というケースが多いと思いますが、銀行カードローンでお金を借りようと思ったとき、申し込みをするところを間違えてしまうと当日に借りることができない可能性があります。

そのため、銀行カードローンで少額のお金を借りるときには即日でお金を借りれるところを選ばなければいけません。

例えば大手の銀行カードローンでいうと、銀行口座を持っていなくても即日でお金が借りれるカードローンです。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

審査に通り、滞りなく手続きを終えることで即日。早ければ1時間以内にお金を借りることができます。気をつけたいのは地方銀行。

あなたの住んでいる近くの地方銀行だと、カードローンの審査に1日~1週間ほどの時間がかかる可能性があります。

大手でもみずほ銀行カードローンはみずほ銀行の銀行口座を持っていないと即日で借りることはできませんので、少額の融資を受けるときには注意してください。

ただ、銀行カードローンは金利が低いという消費者金融にはないメリットを持っています。

無利息期間のある銀行カードローンはほぼありませんが、銀行カードローンで10万円を5日間借りたとしたら金利負担は約190円。消費者金融で借りるより50円近く低くなります。

今後も借りる可能性が高いというあなたは銀行カードローンでお金を借りたほうが後々お得になる可能性が高いといえます。また、懇意にしている銀行カードローンでお金を借りた場合、その銀行に対しての信用を積むことが可能です。

例えばマイカーローンや住宅ローンをあなたが利用している銀行で組もうと考えている場合、懇意にしている銀行のカードローンで先にお金を借りていることで信用が高くなり、審査に有利に働くことも考えられます。

少額の借入をするという点であまり大きな影響はがあるとはいえませんが、少なからず何かしらの影響はあるといえます。

無利息期間があれば利子で損をすることもない

消費者金融で少額のお金を借りる場合、基本的には無利息期間を持っているカードローンに申し込むようにしましょう。

なぜ無利息期間なのか。

それは、少額のお金なら1ヶ月間借りなくても返済の目処が立っている場合がほとんどだからです。無利息期間のある消費者金融では、無利息にする期間を30日間としているところが多いです。

そんな消費者金融で借りれば、あなたが今借りたいと思っている額を金利をかけずに借りることができます。

無利息期間のある消費者金融は、人気順にすると以下の通りです。

無利息期間のある消費者金融

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • ノーローン

アコムの方がネームバリューも経営実績もありますが、最近ではアイフルも徐々に人気になってきています。アイフルの方が様々なサービスが充実していますので、アコムよりも利便性が高くなってしまうからです。

当サイトでは少額を無利息期間で借りるならプロミスかアイフルで借りることをおすすめしています。

SMBCコンシューマーファイナンスプロミス

金利 審査時間 融資時間 審査通過率
4.5%~17.8% 最短30分 最短1時間
プロミスのおすすめポイント
  • 審査回答・融資スピードが速い
  • 審査通過率が高い
  • 初回30日間の無利息期間あり
  • 自動契約機台数が多いから借りやすい

プロミスは日本でもっとも借りやすい消費者金融の1つにも関わらず、借入までのスピードが早いのが特徴。30日間の無利息期間を持っているところも魅力的です。

特に1万円・5万円・10万円といった少額の借入に対しては審査通過にほとんど心配なく借入できるでしょう。

審査通過率でアコムに劣るように紹介されることが多いですが、プロミスとアコムではまず申し込みをする人の人数が違います。

プロミスはアコムよりも認知度が高い為、審査に通らないブラックの人の申し込みも多いのでアコムに審査通過率で遅れをとっています。

1社目の申し込み、2社目の申し込みで1万円~10万円を借りたいならまずプロミスに申し込みをするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローン

金利 審査時間 融資時間 審査通過率
4.0%~14.5% 最短30分 即日融資

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

  • 審査回答・融資スピードが速い
  • 低金利の借入が可能
  • 少額融資を得意としているカードローン
  • 自動契約機台数が多いから借りやすい

三井住友銀行カードローンは、少額融資・高額融資共に得意としているカードローンです。

審査通過率は消費者金融には劣りますが、1万円・5万円・10万円といった少額の借入ならよほどの事情がない限りはまず問題なく借入ができるでしょう。

プロミスと同じSMBCグループなので自動契約機台数も豊富。すぐに借りれる銀行カードローンを探しているなら三井住友銀行カードローンがおすすめです。

今後また給料日前にお金を借りるかも知れない。。。そんな不安を持っているなら、2回目以降の利用で消費者金融よりも金利が格段に低い三井住友銀行カードローンに申し込みをしてみてはいかがでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

金利 審査時間 融資時間 審査通過率
1.8%~14.6% 最短30分 最短40分
バンクイックのおすすめポイント

  • 審査回答・融資スピードが速い
  • 低金利の借入が可能
  • 少額融資を得意としているカードローン

銀行カードローンの中でも最速の融資時間で借入ができるバンクイック。銀行カードローンの中でも限度額を低めに設定しており、少額融資を得意としているカードローンの1つです。

収入のない専業主婦や学生に対しての貸付も行っているバンクイックは、1万円・5万円・10万円といった借入をするのに向いている銀行カードローンだといえます。給料までの繋ぎのお金をすぐに借りたいならバンクイックがおすすめです。

友人から5万円を借りるのはやめておいた方が良い理由

例えばあなたが友人に5万円貸してと言っても、すぐに貸してくれる人はそうはいないですよね。カードローン業界で貸付をする額として少額と見られる1万円から10万円といったお金は、普通に生活をしている人からしたら大金です。

日本全国の所得平均は約400万円といわれていますから、月に約20万円ちょっとしか給料が手元に入らない計算となります。そんな中で5万円や10万円なんて額は大金はおいそれと貸してもらえるわけがありません。

でも、カードローンでお金を借りるなら別です。カードローンはお金を貸して利益を出しているサービス。

桁違いの額を貸付している業界なので、少額であればら二つ返事で貸してもらえるくらいの額となっています。

あなたの信用情報に傷がある場合は別ですが、今までにお金を借りたことがないか、借りたことはあるけど、なにも問題は起こしていないのであれば大丈夫です。

無利息期間のあるところも今では存在しますし、それくらいの少額を借りるのであれば返済もすごく楽に行うことが可能です。友人にお願いしすぎてあなたの交友関係に傷をつけるよりも、カードローン利用を検討してみませんか?