アルバイト・フリーターが銀行カードローンでお金を借りるコツ

アルバイトで生計を立てていると、どうしてもお金が足りなくなるときってありますよね。

でもフリーターでアルバイトの収入しかないとカードローンの審査に通りにくいって言うから、なかなか借りるところまで踏み出せない。。。大丈夫です。フリーターのあなたはアルバイトでちゃんと働いているので安定した収入を得ています。

銀行カードローンをはじめ、お金を借りるときに大切なのは収入を得ていて返済能力があるかどうか。毎月ある程度決まった金額を稼いでいるのであればカードローンを利用するのに何も問題はありません。

ただ、いくつか気をつけないといけませんが、アルバイトでも借りれるおすすめのカードローンと、カードローン審査を受けるときのコツについて紹介していきます。

アルバイトでも銀行カードローンで借りることは出来るの?

フリーターでもアルバイトで収入を得ている点では他の職業と変わりありません。なので、アルバイトで生計を立てていても銀行カードローンでお金は借りれます。

ただ、フリーターは社会的な信用が低いのは事実で、銀行カードローンの審査に100%通るとはいえません。

では、アルバイトやフリーターが銀行カードローンでお金を借りるにはどうしたらよいのでしょう?

まず第一に安定して収入を得ていたとしても、アルバイトはいつ収入がなくなるかわからない職業なのを忘れないでください。企業の正社員であるなら不当な解雇はありませんし、欠勤したとしても収入は変わりません。

しかし、アルバイトは急な解雇のリスクや、体調不良での欠勤が直接給料に反映されます。その点でカードローンの審査時に不利に働いてしまいます。

フリーターやアルバイトの方は、まずは最低半年以上(1年以上が理想)1つの場所で勤務を続けましょう。最近ではバイト初日から出勤しない事例もあるため、長期間同じところで勤務している点は大きなアドバンテージになるでしょう。

フリーターやアルバイトの方は、審査の厳しい銀行カードローンでは審査に通りにくいのは事実です。

ただ、厳しいといっても収入のない専業主婦が借入できる場合もあるので可能性は0ではありません。

参考:初めてのカードローン利用講座|お金を借りるならおすすめはどこ?

なんでアルバイトやフリーターはカードローン審査に不利なの?

また、毎月ある程度決まった額を稼いでいる点も大切です。たとえば6月にバイトで10万円を稼いでいても、次月半分の5万円しか稼いでいなかった場合あなたの収入は安定しているとはいえません。

カードローン審査は返済能力を計り、貸付できるかと限度額をいくらまでなら設定できるかを判断するものです。返済能力に疑問が残ってしまうと借入ができない可能性もあるので、毎月ある程度決まった金額を稼ぐのも大切なポイントです。

ただ、アルバイトの場合は収入証明書の提出を求められたときに少しだけ審査通過を有利にできます。その方法とは、直近3ヶ月の給与明細の中からもっとも給料の高いものを選んで提示する方法です。

アルバイトやフリーターであるあなたの場合、給与明細をもらっても保管している人は少ないと思います。つまり、直近で探したらこの明細しかなかったという理由にして、給料の高い給与明細のみを提示して若干の属性アップが望めます。

もちろん給料について尋ねられたときには嘘なく答えなければいけませんが、実際にあなたがその給料をもらった事実はあります。

ですので、できる限り自分の属性を良く見せるテクニックの1つとして覚えておくとよいでしょう。

※アルバイトやフリーターだとどうしても給料にばらつきが出てしまうので、年収の算出はある程度アバウトでもOKです。ただ、年収200万円のところを250万円としてしまうと収入の大きすぎる幅が出てしまうので、204万円を210万円にするくらいの感覚で良く見せるようにしてくださいね。

関連記事:審査が通りやすいカードローンの通過率はどのくらいが目安なの?