未分類

利用限度額の近いバンクイックとの金利と最低返済額の違いを表にしてみました。

オリックス銀行カードローンの金利が他のカードローンと比べてどう違うのかを紹介します。実際オリックス銀行でキャッシングをするのであれば、最低金利が郡を抜いて安いので、オリックス銀行は高額借入に対して有利だと言えます。

逆に小額借入なら最高金利の低いバンクイックが向いていると言えます。

オリックス銀行・バンクイックの金利表

(バンクイックの最高利用限度額が500万円なので、最高金額はバンクイックを基準にします。)

借入金額 100万未満 100万超150万以下 150万超300万以下 300万超400万以下 400万超500万以下
オリックス銀行 12.0%~17.8% 6.0%~14.8% 5.0%~12.8% 4.5%~8.8% 4.5%~8.8%
バンクイック 12.6%~14.6% 11.6%~12.6% 7.1%~11.6% 6.1% 4.6%~5.6%

上の表を比べてみると、大体200万円位のラインではバンクイックが優位と言えそうです。ですが、借入をする金額と利用限度額(個人の)の状態によってはオリックス銀行のほうが優勢になる場合もあります。金利比較をして改めてわかったことは少額借入はバンクイックでおこない、高額借入はオリックス銀行に軍配が上がることです。

オリックス銀行もバンクイックも、利用限度額のコースによって金利が変動するので、その点も要注意です。
しっかりとシミュレーションをしてみて、金利を比較・検討するようにしましょう。

バンクイックの金利は、最高限度額がオリックス銀行カードローンよりも低いことから限度額ごとの金利変動のふり幅が小さいことに特徴があります。各限度額ごとのふり幅が小さいということは、たとえ高額を借りていても、あまり金利変動が無いため、例えば限度額200万円という審査結果が出たとして、100万円借りたときと200万円借りたときとの金利の差が顕著に現れにくいというデメリットがあります。

それに対してオリックス銀行カードローンの場合は金利のふり幅が大きいので、200万円の限度額で限度額一杯まで借入をするとバンクイックと比べて圧倒的に金利が低くなります。
借り方や返済のスパンをしっかりと比較することで借入が有利になることが多いので、しっかりと計画的な借入を行いたいですね。

そもそもバンクイックとオリックス銀行は利用対象属性が異なる

バンクイックとオリックス銀行カードローンでは、利用対象属性が異なります。バンクイックは少額融資+総量規制対象となって借入できない方にお金を貸すことを目的としたカードローンサービスです。それに対してオリックス銀行カードローンは高額の借入をする利用者を中心としたカードローンサービスとなっています。

金利設定を見ればわかることですが、借入までのスピード感や限度額の高さなどからもこの違いは顕著に現れているといえますね。カードローンサービスで大切なのは金利だけではありません。金利を比較することはもちろんのことですが、あなたのニーズとしっかりとマッチしたカードローンサービスを選びましょう。