土日祝日でも即日融資が受けられるカードローンをリスト化しました。

即日融資をしたいと思っているあなたはいくらお金を借りる予定でしょうか。即日融資OKとうたっているカードローンはたくさん存在します。

しかし、借りる額によっては下準備が必要ですし、あなたの持っている銀行口座によっては借入先を間違えると即日融資ができなくなってしまうこともあります。

そう、即日融資を受ける為には下準備と下調べが肝心なのです。

この記事では、あなたの状況に合わせて即日融資してくれるカードローンをピックアップして紹介していきます。

土日・祝日も問題なくキャッシングできるカードローンを紹介しますので、あなたの状況に合わせた借入先を選択してくださいね。

土日に即日融資を受ける方法は4通り

まず、即日融資を受けるための申し込み方法です。即日で借りる為の申し込み方法は4つ。

4つのうち、店舗申し込み・電話申し込みは他の2つ方法と異なり、土日祝日の申し込みはできない場合があるので注意が必要です。それぞれの申し込み方法について詳しく見ていきましょう。

WEB申し込み
web申し込みはパソコンやスマホを使ってインターネット上で申し込みをする方法です。曜日を問わず24時間申込が可能なので、現在ではもっとも使われる申し込みの方法だといえます。借りたいカードローンの公式HPを開き、必要事項を入力して情報を送るだけで審査が開始されます。店舗や自動契約機を探す必要がないのでおすすめです。

店舗申し込み
土日祝日は店舗での営業がされていません。そのため、店舗に出向いての申し込みは平日限定の申し込み方法となります。ただ、店舗で申し込みをして即日融資をしてもらうとその場で現金を受け取ることも可能なので、その点では店舗申し込みも即日融資としての1つの手だといえます。

自動契約機で申し込み
申し込み・審査・ローンカードの受け取りがその場で出来る申し込み方法です。土日祝日問わず営業しているので、自動契約機の営業時間内であればいつでもすぐに申し込みをすることが出来ます。自動契約機での申し込みのメリットはわからないところをすぐに聞けること。自動契約機にはインターホンやテレビ電話が付いているので、わからないことがあってもスムーズな申込が可能です。

電話申し込み
借入したいカードローンに電話をして申し込みをする方法です。あなたの情報を口頭で伝え、カードローン会社の方で情報を入力してくれます。すべての必要事項の入力が終わり次第審査開始されますので、サポートスタッフに聞かれたことを答えるだけで申込が完了します。

カードローンによっては、土日祝日の電話申し込みに対応していない可能性もありますので注意してください。

即日融資を受けるときのお金の受け取り方

次に即日融資を受けるときのお金の受け取り方です。お金の受け取り方には3種類の方法があります。

銀行振り込みと店頭受け取りの2つの方法は、土日や祝日に即日でお金を受け取れない場合があります。それぞれのお金の受け取り方法について詳しく見ていきましょう。

自動契約機
自動契約機ではローンカードを発行され、その場で受け取ったローンカードを使ったATMからのお金の引き出しが可能です。申し込みを自動契約機で行った場合には審査通過と手続きを終えた時点ですぐに借りられるのが最大の魅力。web申し込みを済ませて審査結果を受け取った後なら、自動契約機に出向いて10分以内のお金の受け取りが可能です。

銀行振り込み
平日の銀行営業時間内であれば、審査通過できて本人意思確認と在籍確認ができた時点で、即時お金が振り込まれます。ただ、土日祝日だと貸金業者が提携している銀行でないと振込みをしてもらえません。(プロミスなら三井住友銀行・ジャパンネット銀行。アコムなら楽天銀行等)その為、提携している銀行の銀行口座を持っていないと土日祝日の銀行振り込みでの借入は難しいといえます。

店頭
店頭に行けば審査通過・在籍確認が済んだ時点ですぐに現金でキャッシングもできます。しかし消費者金融も銀行も土日祝日の営業はしていません。そのため、土日祝日に店頭でお金を受け取ることはできないので注意してください。

即日融資を受けるためには下準備が必要な場合もあります。
必要書類だけでなく勤め先の情報や、今住んでいる家のローンが残っているのかなどの情報が必要な場合もあるのです。

そんな即日融資を受ける為に準備をしておいたほうがよいことや注意点についてここからは紹介していきます。

申し込み記入する前に準備をしておきたいものは4つ。

  • 勤務先の会社情報
  • あなたの持っている銀行口座情報
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

申し込み後すぐに審査を開始するには、あなたの情報を記入してすぐに属性の判断ができる状態にする必要があります。

とくに今日中に審査を終えて借入したい場合には、勤務先の情報やあなたの持っている口座の情報をすぐに記入できる状態にしておきましょう。そうすれば申し込みをスムーズに終わらせられます。

もちろんこれらの情報がすぐに出てこなくても、自動契約機の営業時間内ならゆっくり申し込みをして借入できますが、できるならスムーズに申込から借入まで済ませたいですよね。
勤務先の情報で押さえておきたいのは、会社の『電話番号・住所・資本金・従業員人数・業種・あなたの役職』等の情報です。

すべてのカードローンの申し込みで必要なわけではない項目もあります。これらの情報の記入が必須のカードローンも存在します。即日で融資を受けたいなら下準備が必要になることがわかりますね。

口座情報の準備はキャッシュカードや通帳を手元に置いておくと安心です。欲をいうなら通帳の方が支店や支店番号がわかりやすいので、通帳を用意しておくとよいでしょう。

本人確認書類は例外なくカードローンの申し込みには必要です。運転免許証や健康保険証など法的に認められた書類しか本人確認書類として認めてもらえないので、学生証や社員証では対応できないので気をつけてください。

そして最後に収入証明書です。

基本的に消費者金融では50万円を超える借入に対して必要です。銀行カードローンでは100万円や200万円などの高額の借りれ申し込みをする際に必要なものです。場合によっては少額の借入の際にも収入証明書を求められることもあります。

収入証明書も源泉徴収票や納税証明書などの公的な書類でしか受け取ってえません。ですからどんな額を借りるにしても、収入証明できる書類を用意しておくと安心です。※給与明細でもOKな場合もありますが、給与明細は直近3ヶ月分を提出する必要があります。

土日の在籍確認はどうしたらよいの?

今では土日祝日関係なく即日でキャッシングが可能です。街角や駅中にある自動契約機ですぐにキャッシングができるようになったのですから、便利な世の中になったものですね。
しかしそんな土日祝日のカードローン利用では注意すべき点があります。ここではそんな休日に即日融資を受けるときの注意点について紹介をします。

土日祝日にお金が必要なとき、あなたはどんな方法で審査申し込みをしますか?たいていの方がインターネットによるweb申し込みを選択することでしょう。土日祝日だと電話申し込みも店舗に来店して申し込みをすることもできませんので、当たり前のことですよね。

しかし注意すべきは審査申し込みの申し込み項目を記入するとき。カードローンのweb申し込みをするときには、あなたの属性項目の入力と勤務先項目の入力。お金の受け取り方の入力が必須です。その為、あなたは迷わず今のあなたの状況と希望の借り方を入力することでしょう。

しかし2つ注意することがあります。

勤務先は土日でも連絡がつく状態にあるのか

お金の受け取り方をどのように設定するのか

1つ目の注意点は、土日で勤務先に連絡が取れない場合です。

特例措置として週明けに在籍確認できますが、土日は勤務先に連絡が付かないことを審査申し込みした時点で伝えるようにしましょう。

問題は2つ目に挙げた注意点です。

お金の受け取り方には、銀行口座に振込みしてもらいお金を受け取る方法と自動契約機でローンカードを発行し、ATMでお金を引き出す方法があります。

土日祝日だと銀行が営業していませんので、銀行振り込みを選択してしまうと土日に即日融資を受けれなくなる可能性があります。ですのでお金の受け取り方を選択するときには、必ず自動契約機でローンカードを受け取り、お金を引き出すようにしましょう。

ただ、場合によっては銀行口座に振込ができる場合もあります。

銀行カードローンの申し込みをするとき、この場合はほぼ100%の銀行で土日祝日の振込み融資を行ってくれません。翌営業日の振込みとなってしまうので、土日に即日融資をしたい場合には論外です。その為、即日で振込み融資を受けるためには消費者金融を選ぶ必要があります。

消費者金融で借入をする場合、その消費者金融が提携している銀行の口座になら365日24時間振込可能な場合があります。※メンテナンス時やサービス停止期間を除く

たとえばSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスで土日の振込み融資を受けるとき、三井住友銀行の銀行口座かジャパンネット銀行の口座を持っていることで、土日祝日関係なく最短10秒でお金を受け取ることが可能です。

このように銀行と提携しているカードローンだと、土日祝日関係なく即日融資を受けることも可能です。カードローンだけでなく、土日は平日と違い特殊な動きをすることが多いですよね。すぐにお金を借りたいときこそ慎重にカードローン選びと申し込みを行いましょう。

土日の即日融資が可能なカードローンまとめ

土日でも即日融資を受けたいと考えたら、日本で自動契約機の台数が多いプロミスと三井住友銀行がおすすめです。

日本でもっとも自動契約機が多い理由は、プロミスと三井住友銀行カードローンは同じSMBCグループだからです。

あなたの家や職場の近くにプロミスか三井住友銀行の自動契約機があればすぐにお金を借りれるからこそ、SMBCグループでの即日借入がおすすめです。

すぐキャッシングできるおすすめのカードローンはこれ。
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
  • 金利4.5%~17.8%
  • 最高限度額500万円
  • 最短1時間融資
  • 土日祝日もOK

三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座を持っているなら、審査通過後最短10秒でキャッシングが可能。

もちろん口座を持っていなくても、審査通過後に自動契約機に行けば、申込から最短1時間で借入が出来ます。

自動契約機は一部店舗を除き9:00~22:00まで土日平日関係なく利用できます。ローンカード発行での即日融資なら遅い時間帯に借りたくなってもすぐに借りれます。

三井住友銀行口座への瞬フリは日曜21:00~翌朝07:00まで利用できません。ジャパンネット銀行の瞬フリも月曜の00:00~07:00まで利用できません。この時間帯で借入をするなら自動契約機で借りるのが無難です。

>公式HPはこちら<

三井住友銀行
カードローン
  • 金利4.0%~14.5%
  • 最高限度額800万円
  • 口座なしで急ぎ融資可能
  • スピーディな審査回答

土日祝日の審査回答はもちろんのこと、大型連休真っ只中でも審査をしてくれるのが三井住友銀行カードローン。

三井住友銀行またはプロミスの自動契約機でローンカードを受け取るだけで、簡単に借入を済ますことが出来ます。

プロミスは三井住友銀行と同様に、SMBCグループの傘下です。プロミスの自動契約機でも三井住友銀行カードローンのローンカードを受け取ることが出来るんですね。

全国でもっとも自動契約機の数があるカードローンと言っても過言ではないでしょう。

>公式HPはこちら<

三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
  • 金利1.8%~14.6%
  • 最高限度額500万円
  • 口座なしで最短40分の借入可能
  • 土日祝日OK土日祝日でも営業している

テレビ窓口を使えば土日祝日問わず即日で融資をうけることが出来るバンクイック。もともと少額の貸付を得意としているバンクイックは少額を即日で借りたい人にとっては頼もしい味方です。

web完結の申し込みをして審査を待つ時間にテレビ窓口へ移動。窓口で審査結果を通知してもらい、その場で借入が可能です。

最短40分で土日祝日問わず素早い借入出来るのが魅力です。また、プロミスとは違い銀行カードローンなので、負担金利も少なく済みます。

早く安く借りるならバンクイックがおすすめ。

>公式HPはこちら<

すぐにキャッシングするには審査・回答が最短でも当日に終了するカードローンを選ぶようにしてください。

でも、即日審査回答ができても、残念ながら窓口でしか受付をしていないところや、ネット申込ができても土日祝日に審査を行っていないところもあります。

そういったところでは平日の即日審査・即日融資は可能でも、土日の即日の融資は難しかったりもするので気をつけてください。即日対応のカードローンさえ間違えずに選べれば、基本的にはどこでも即日融資を受けられます。

即日融資を受けるためには、申し込み方法やお金の受け取り方の選択が大切になります。

申し込みをしても審査を開始するまでに時間がかかる方法だったら、その日中に審査が終わらない可能性もあるので即日融資を受けることはできませんし、その日にお金を受けとれなければ即日融資を受けたとはいえませんよね。

審査に時間がかかる場合は、夜に申し込んでもその日のうちに借りれる可能性は低いでしょう。即日融資を受ける必要があるなら、なるべく午前中に申し込んだほうがいいでしょう。

即日融資を受けるために、即日で審査回答・お金の受け取りまで出来る方法について紹介します。