カードローンの借り換えをするのに最適な銀行はどこ?メガバンクのサービスと比較しました。

現在「三菱UFJ銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」などメガバンクと呼ばれる銀行や、その他さまざまな銀行で扱われているカードローン。

借り換えに向いているカードローンとはどこの銀行カードローンなのでしょうか。

最高限度額が800万円で、金利が1.7%~17.8%。業界最低水準の最低金利と最高利用限度額の兼ね合いがに1番適しているともいえます。

審査の通りやすさと借入までのスピードを重視する消費者金融は、高額借入を行ったとしても金利が高くて返済に苦労してしまうことも。(総量規制に引っかかる場合もあります。)

その点銀行カードローンは借入までに時間がかかる場合もありますが、金利が低いので長期間スパンでの返済をしやすい利用をすることができます。

メガバンクとの比較

基準をオリックス銀行カードローンとしてメガバンクと呼ばれる大手銀行との金利・限度額比較を行ってみます。

金利 最高限度額 総合評価
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 500万円

最高限度額ではみずほ銀行のほうが高い結果になりましたが、オリックス銀行を基準に考えたときに800万円借りるなら金利の負担が1番少なくなるのはオリックス銀行です。
また、銀行カードローンということで借入の契約を結ぶ際に必要な審査は消費者金融と比べると厳しめです。ですがメガバンクと比べたら審査が通りやすいのかなという印象を受けます。

オリックス銀行がいいという利点はまだあります。

  • 高額でも「契約後(カード発行後)、且つ登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ即時振り込みサービスが利用可能」
  • 提携ATM(全国で99,000台以上)での借入、返済とも利用手数料が無料。
  • お申し込みをする際に口座開設が不要。

上記がオリックス銀行のおすすめポイントです。

最低返済額の点を見てもオリックス銀行は高くもなく安くもなくという絶妙なバランスを持っています。利用額がMAXの800万円だった場合の最低返済額は80,000円です。

申込もwebででき、本人確認書類の郵送も不要(PDFファイルでの提出)で利用できるので、利用者にかかる手間も少なく済みます。

電話での在籍確認は行われますが、他社カードローンとの複数ローンが1つにまとまります。

複数のローンがひとつにまとまることによって、返済日や金利の管理がしやすくなります。
(※勤務先への在籍確認は、たずねられなければ銀行名も明かしません。周囲にばれないように最大限の配慮をしてくれます。)

オリックス銀行カードローン(銀行カードローン)とオリックスVIPローンカード(消費者金融のカードローン)は名前は似ていますがまったくの別物です。

200万円を超えた借り換えをする時、どこがおとくなの?

借り換え・おまとめ・ローンの一本化をするときは、たいていの方が100万円以上の借入となると思います。

借り換えをするときの目安となるのは、200万円を超えるか超えないかになります。

200万円を1つのラインとして考えると、借り換え先を選ぶのがとても楽になるんですよ。

今から200万円を超えた借り換えをするときのお得例をメガバンクとの金利比較を見て確認してみましょう。

200万円を超えた金額を借りたときの各銀行の金利比較

各銀行ごとに借入額ごとの割り振り金利の設定が違います。ここでは、200万円超300万円以下の各銀行の金利割り振りを参考に比較していきます。

銀行名 金利
オリックス銀行カードローン 5.0%~12.8%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 7.1%~9.6%
三井住友銀行カードローン 8.0%~10.0%
みずほ銀行カードローン 9.0%

ぱっと見で判断すると、最低金利が1番低いのはオリックス銀行カードローン。

最高金利が一番高いのもオリックス銀行カードローン。
本当にお得なのかわからない金利をしていますよね。

ややこしい金利で借り換えのときに戸惑ってしまいがちですね。

最低金利の最も低い額のところで借り換えをするなら、○○○万円の下2桁が後半の数字。つまり○90万円前後の借り換えを行うときには最低金利の最も低いところでの借り換えが圧倒的におすすめなのです。

というのも、十万円台、1万円台の数字が後半にあればあるほど最低金利の低いカードローンでの借り換えは金利を安くすることができるのです。
また、返済金額は他のカードローン商品よりも若干高めの最低返済額を設定しているところで借り換えをすることは、借り換え成功の為には重要なポイントです。

返済金額が多いことで起こる借り換えのメリット

消費者金融や他の銀行カードローンサービスでは
「毎回の返済金額が安くなるからおすすめ!」
のようなおまとめローンをおすすめする文言が見られます。
しかし、毎回の返済金額を減らすことにより利用者が損することを説明していません。

毎回の返済金額を減らしすぎることによる利用者の損する金額の式は以下の通りです。

毎回の返済金額が減る=返済期間が延びる=最終的な返済額の増加

実際の例で見てみましょう。

現在3社に合計で200万円を借りている方が毎月返済に6万円支払っていたものを、借り換えをして毎月の返済額を4万5千円になりました。
そうなることで、6万円の返済をしていた頃の返済期間は最長で50ヶ月程だったのが、借り換えをして60ヶ月程に増加しました。

返済期間が10ヶ月増加することで負担する金利総額も10万円ほど増加したという実例です。

借り換えの本質は毎月の返済負担額の減少にあるのではありません。
毎月の返済額・返済期間・総返済額の3つの点で減少することで利用者の負担が減ることにあります。
審査は通りやすい課も知れませんが、金利の高い消費者金融でのおまとめは避け、できるなら銀行カードローンでおまとめすることをおすすめします。