カードローンの限度額を増額する方法|増額審査を通過するには!?

カードローンの限度額増額はカードローン利用者にとってはできるならすぐにでもしたいものだと思います。しかし、限度額の増額はそう簡単にできるものではありません。

限度額増額の審査時にあなたの属性判断を一から行い、今まで積み上げてきた信用を見直して増額しても問題ないと判断されないと限度額の増額はできません。そのため、初回借入のときには即日審査・即日融資でお金を借りれたカードローンで増額審査を行ったとしても、場合によっては増額審査が終えるまで1週間ほどかかってしまうこともあります。

時間がかかる可能性がある増額審査をするくらいなら即日融資可能な他社からの借入を検討してみてはいかがでしょうか?

限度額増額って再審査なの?

限度額増額は再審査です。あなたがカードローン契約を結んだときに設定された限度額は、初回の審査時の属性と信用を元に設定されたものです。

そのため、限度額を再設定するということはもう一度審査を行い、貸付の額(限度額)を大きくしても返済してもらうことができるのかを確認する必要があります。

そのため、増額審査は初回の審査よりも厳しくあなたの状況を判断することが多いといえます。具体的にどのように厳しくみられるかというと、あなたの現在の所得や昇給率。今までの返済実績やその他携帯電話の未払いがあるかないかなど信用に関わる問題を厳しくチェックされます。念を押してお伝えしますが、今設定されている限度額の減額や利用停止処分を受けるリスクもあることを忘れないでください。

増額審査は初回審査より厳しい。審査内容によっては限度額の減額や利用停止など厳しい処分もある

増額が再審査であることが追加でお金を借りることのネックになるのは審査の厳しさだけではありません。再審査ということは、今一度あなたの信用を属性をまっさらな状態から見直すということです。

当然審査のやり直しとなるた、限度額が設定されるのは審査結果が出てから。つまり、限度額の増額には時間がかかるということです。初回に即日審査・即日融資で借入ができたカードローン会社でも増額審査に3日以上かかる場合もあります。さらには審査が終えた後の在籍確認も再度行われることになります。カードローン利用が周囲に知られるリスクも生まれるということです。

増額審査はカードローンを最低でも半年利用し、返済実績による信用や属性アップをしていないと増額できる可能性はとても低いです。増額よりも他社借入の方が借入額の増加幅も大きく、確実であることの方が多いので増額を検討している方は他社借入も選択肢の一つとして持っておいたほうが良いでしょう。

最低でも半年利用し、返済実績で信用や属性アップをしていないと増額審査を通すのは厳しい。他社借り入れの方が早い場合も。

増額よりも他社借入の方が良いってホント?

増額審査はあなたの持っているカードの限度額の枠を広げれるかどうかの再審査のことを指します。増額審査というと聞こえがよく【増えるか現状維持】という風に誤解をしている方も多いですが、再審査ということは限度額の減少や利用停止処分の可能性も十分にありえるということを忘れないでください。

転職してお金が足りなくなってカードローンの増額をしたいと思っている方。転職はあなたの属性を下げる要因となります。下手をしたら限度額が少なくなってしまうかもしれません。

当サイトではそんな危険を孕む増額審査を行うよりも、即日融資を受けれる他社での借入をおすすめしています。

増額より他社借入をおすすめする理由は以下の通り。

  • 限度額が下げられることがない
  • 現在のカードローンで利用停止になることがない
  • 増額だと審査結果が出るまでに時間がかかるが、即日融資ならその日に借りれる

何度も言いますが、増額審査は再審査です。カードローンの審査を受けなおす増額申請は、下手に在籍確認のリスクを負って限度額が下げられてしまったらたまったものではありません。もしあなたが今真剣に増額を考えているなら、他社借入を一度検討してみてください。

他社借入を検討しているならおすすめはこのカードローン!

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

限度額の増枠ができる条件はあるの?

「他社借入の方がメリットがあるのはわかったけど、それでも増額がしたい。」
という方の為に、カードローン限度額の増額の際に押さえておきたい条件について紹介をしていきます。

とは言うものの、増額審査の際に必要な条件はカードローンの初回利用時に必要なことと変わりありません。属性と信用が高くなっているかどうかが増額の最も大きな判断基準だといえます。

増額申請を考えているなら、最低限ここだけは押さえておきましょう。

  • 初回借入から半年以上経っているか
  • 限度額いっぱいまで利用しているか
  • 異動情報がついていないか

最低限これだけの条件を押さえておいたほうが増額審査に通過できる可能性が高くなります。

というのは、この3つの条件はどれも現在利用しているカードローンの信用を高める行為だから。限度額いっぱいまで利用している状況で半年間も返済に問題を起こさずカードローンを使っている顧客というのは「優良顧客」といえるでしょう。

そんな人にこそ銀行や消費者金融は貸付をしたいと考えていますから、最低限この3つは押さえておきたいですね。

増額審査で限度額の減額、利用停止になったらどうなるの?

増額審査では限度額の減額や利用停止処分になるリスクがあることはお伝えしました。でも実際にそうなってしまった場合、どうしたらよいかわからなくなってしまいますね。

考えられるケースとしては2つ。

  1. 限度額いっぱいまで借りてるのに減額されてしまった
  2. 借入残高が残ってるのに利用停止処分を受けていた

どちらの場合にも、利用限度額が下げられたからといって一括返済を求められることはありませんので安心してください。

その後の利用についてケースを例に挙げてみます。

限度額一杯まで借りてるのに減額されてしまった
例えば限度額50万円でMAXの金額を借りていて限度額が30万円に下げられてしまった。
とすると、あなたは借入額が30万円より下の金額になるまで新たな借入ができず、返済をし続けるしかありません。

借入残高が20万円になったら新たに10万円を借りることが可能になりますが、残高が限度額以下になるまでは返済専用の契約となってしまいます。

借入残高が残っているのに利用停止処分を受けていた
例えば40万円の借入残高が残っているにも関わらず利用停止処分を受けてしまった。そういった場合には、あなたはそのカードローンでは以後、利用停止処分が解除されるまで借入することができません。利用停止になった原因を速やかに解消することで利用停止が解除されることもありますが、悪質な原因だと解除される保証はありません。

どちらにせよ、誠実にカードローンを利用していれば増額審査でマイナスの結果が出ることはほとんどありません。しかし、それだけのリスクを負いながら増額をするメリットがあるのかと聞かれると少々疑問を覚えます。

貸す側も今まできちんと返済した実績があるなら増額してもきちんと返済してくれるだろうと判断できますが、返済が滞ったり何か問題が発生した場合には増額審査をしても時間の無駄という可能性が高いでしょう。