ETCカード付きのクレジットカード特集|おすすめはどれ?

クレジットカードを選ぶ上で大きなポイントとなるのが年会費です。出来ることならば、年会費は無料に越したことはありません。

また、このようなクレジットカードを発行する際、一緒に発行したいのがETCカードです。

年会費無料のクレジットカードの中には、ETCカードも無料で発行できるものが多くあります。そこで本記事では、おすすめのETCカード付きクレジットカードについて紹介していきます。

ETCカードが欲しいという人はもちろん。優れたクレジットカードを探している人にとっても、有益な内容ですので是非一読してみて下さい。

選び方のポイント

ETCカード付きのクレジットカードを選ぶ際は、いくつかチェックしておくポイントがあります。まずは、ETCカード付きのクレジットカードを選ぶ基準を確認していきましょう。

・年会費
まずは、ETCカードの年会費です。無料でETCカードを利用できるに越したことはありませんよね。注意したいのは、クレジットカードの年会費が無料だからといって、ETCカードの年会費まで無料とは限らないということです。ですので、真っ先にこの年会費を確認するようにしましょう。

・発行手数料
次にチェックするポイントは、ETCカードの発行手数料です。年会費が無料のETCカードであっても、別途発行手数料が必要というものもありますので、こちらも注意して確認するようにしましょう。

・更新費用
多くのETCカードは、約3?5年程度が有効期限とされています。もし、更新費用がかかるETCカードを使用していた場合、有効期限が切れた際にお金がかかることになります。更新費用ゼロ円のETCカードもありますので、そちらを選ぶとお金の心配をせずに使うことができます。

・ポイントの付与
ETCカード付きのクレジットカードの中には、ETC利用料金でもポイントを貯めることができるものとそうではないものがあります。高速料金は高額な場合もありますので、ポイントが多く貯まるチャンスです。是非ともポイントが付与されるカードを選ぶようにしましょう。

おすすめのETCカード付きのクレジットカード5選

ここまでのポイントを踏まえた上で、おすすめのETC付きクレジットカードを5つ紹介します。厳選したカードのみ紹介していますので、どれも要チェックの1枚間違いなしです。

・JCBカードW
JCBカードWは、JCBカードの一つで39歳以下のみが発行できるカードとなっています。JCBカードWのETCカードは年会費や発行費が無料なのはもちろん。還元率1.0%という高還元率を誇っているのが特徴です。

還元率が高いので、ETC料金でもしっかりとポイントを貯めることができます。また、クレジットカードそのものもメインとして使うに相応しいスペックを備えています。ですので、39歳以下の人であれば間違いなくおすすめの1枚です。

・オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINT で発行可能なETCカードも、年会費や発行費を含め保有するコストは一切かかりません。ETCカード利用分もポイント加算対象となります。

このオリコカード THE POINTも還元率が常に1.0%を超える高還元率カードとなっています。ETCだけでなく、普段使いにも最適な1枚です。

・セゾンカード
セゾンカードでも無料でETCカードの作成が可能です。セゾンカードのETCカードは、永久不滅ポイントが貯まるのが特徴です。永久不滅ポイントとは、セゾンカードを利用することで貰える有効期限無しのポイントです。

還元率は0.5%とそこまで高くありませんが、ポイントに有効期限が無いのは魅力的なポイントです。

・イオンカードセレクト
イオンカードセレクトのETCカードの特徴は、ETCゲートで車両を損傷した場合に見舞金が支払われる制度があることです。もちろん、年会費や発行手数料は無料でポイントも貯めることができます。

カード自体はクレジットカード・WAON・イオン銀行という3つの機能が1つになったカードで、イオンユーザーに特におすすめのカードです。ちなみに、通常時還元率は0.5%です。

出光カードまいどプラス
出光カードまいどプラスのETCカードも、発行費や入会金が無料で利用することができます。ETCカードが欲しいという方のほとんどが車を持っているはずです。

出光カードまいどプラスには、出光スタンドで給油が割安で受けられる特典もついています。車持ちには嬉しい1枚となるはずです。もちろん、自体の年会費や入会金も無料です。

気になるQ&A

1.ETCカードの申請方法と審査について
クレジットカードでETCカードの作成を行う場合に、ETCカードで別途審査が必要ということはありません。しかし、クレジットカードを作成する場合には当然審査が必要です。

カードへの入会条件やETCカードについての情報はカード公式ページに必ず書いてありますので、そちらを確認するようにしましょう。

2.家族カードからETCカード発行できるの?
家族カードからETCカードを発行することは可能です。ただし、ETCカードの支払いは親クレジットカード(最初に本人が発行したもの)に請求されますので、注意が必要です。

3.ETCカードの複数枚の保持は可能?
ETCカードを複数枚保有することは可能です。何枚持っていても大丈夫ですが、特別なケースを除いては1枚あれば十分かと思います。
まとめ
年会費無料でかつETCカードも発行できるクレジットカードについて解説してきました。新たにクレジットカードに入会するのであれば、ついでにETCカードを発行しておいて損はないかと思います。

今回紹介した5枚のカードは、ETCカードとしても、クレジットカードとしてもおすすめできるものばかりです。どのカードも年会費・入会金ともに無料ですので、これを機に入手してみてはいかがでしょうか。