便利でお得な支払い方法として多くの人に利用されているクレジットカード。

でも中には、まだクレジットカードを持っていないという人もいるはず。そして、初めてクレジットカードを作る人の中には「どのカードを作ればいいかわからない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では初めてクレジットカードを作るという人を対象に、おすすめのクレジットカードを紹介します。最初の1枚に最適なカードのみを紹介していますので、これからクレジットカードを作成するという方は是非参考にしてみてくださいね。

初心者におすすめのクレジットカード

それでは早速おすすめのクレジットカードを見ていきましょう。カードの特徴やおすすめのポイントも解説していますので、カード選びの参考になること間違いなしです。

【楽天カード】
楽天カードは、入会金と年会費無料で作成できるクレジットカード。楽天市場で多くのポイントが貯まるので、ネットショッピングが好きという人にもおすすめ。また、顧客満足度調査では1位を獲得しており、カードとしての優れた機能はもちろん。発行後のサポートにも信頼が置けます。トータルで考えても最初の1枚に相応しいカードであることは間違いありません。

【セゾンカード】
セゾンカードの特徴は、貰えるポイントに有効期限がないことです。実はクレジットカードで貯まるポイントには、一般的に有効期限が存在しています。ポイントに期限がないので初心者の人でも安心してポイントを貯めることができます。


【JCB CARD W】
年会費無料
還元率1%
国際ブランドJCB
入会条件18歳?39歳までで継続した収入がある人
特徴JCB一般カードに比べてポイント2倍


39歳以下の方であれば、JCB CARD Wも間違いなくおすすめの1枚です。JCB CARD Wの特徴はポイントを貯めることに長けていることです。JCB一般カードに比べて、常に2倍のポイントを貰うことができます。さらに、ETCカードも無料で発行できます。もちろん、年会費も無料ですので言うことなしです。

【イオンカード】
クレジットカード・イオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAONの3つの機能が1枚になったのがイオンカードです。3つの機能が1枚になっているので、支払い関係をスマートにおこなうことができます。また、イオン関連の店舗では多くの優待があるのもイオンカードの特徴。普段からイオンを利用している人であれば、必ずゲットしておきたい1枚です。


【ライフカード】
ライフカードも年会費無料で作成することが出来るクレジットカードです。最大の魅力は誕生月であればポイントが3倍取得できるという点です。ですので、ライフカードを誕生月に利用すれば短期間で爆発的にポイントを貯めることができます。また、年間利用額に応じて翌年の獲得ポイントがアップする制度もあるので、カードでの支払いをメインにしたい人にもおすすめです。


上記のカードの概要をまとめて初めてクレジットカードを作る人になぜおすすめなのか理由も付け足して文章を作成してください

初めてクレジットカードを作るときに気になるQ&A

初めてクレジットカードを作る時は、誰しも不安なものです。そんな不安を少しでも解消すべくみなさんが疑問に感じることをQ&A方式で説明していきます。

1、クレジットカード作成自体は無料?
クレジットカード作成にあたって最も不安なのが「お金がかかるのか?」ということではないでしょうか。安心してください。クレジットカードの作成自体でお金がかかることはありません。

しかし、カードによっては年会費がかかるものもあります。ですので、年会費については申し込みの際によく確認しておきましょう。

2、クレジットカードって使うと手数料がかかるのでは?
クレジットカードの支払いにおいては、基本的に手数料が発生することはありません。ただ複数回にわたる分割払いを選択した場合は、手数料がかかるケースもあります。しかし、1回払いや2回払いといった一般的な支払い方法であれば手数料無料で使うことが出来るので、安心してください。


3、カード作成時に必要なものは?
クレジットカード作成時に必要なものは以下3点のみです。

1、身分証(運転免許証や健康保険証など)
2、銀行口座
3、銀行印

さらに、発行の申し込みはネットから行うことができます。申し込み自体も5分?10分で終わることがほとんどですので、気負わず気軽に申し込んでみてください。
まとめ
ここまで初めてクレジットカードを作るという人に向けて、おすすめの1枚とクレジットカード作成に関する基本情報を紹介してきました。いかがでしたか?

クレジットカードの発行は無料でかつネットから手軽におこなうことが可能です。特に今回紹介したカードであれば、年会費も無料ですので安心して保有することができます。

もちろん、一度発行して全く使わないというのもありです。最初は勇気がいるかもしれませんが、大丈夫。是非、気軽な気持ちで申し込んでみて下さいね。