銀行カードローンの限度額と総量規制の有無はどんな影響があるのか

銀行のカードローンを借りる際に設定される限度額や総量規制についてしっかりと理解していますか?

1度でもカードローンを利用して借入を行った方は理解していると思うのですが、はじめてカードローンを利用する方にはなかなか馴染みの無い言葉です。

この記事ではそんなはじめてカードローンを利用する方に、限度額と総量規制について銀行の制度をつかって紹介します。

カードローンの限度額の本当の意味

一般的に銀行カードローンや消費者金融カードローン、クレジットカードのキャッシング枠などの金額提示の際に良く使われる「限度額」。これは、そのカードローンやキャッシング枠やショッピング枠などの商品が最大限利用できる可能性のある「利用最大限度額」のことです。

参考:初めてのカードローン利用講座|お金を借りるならおすすめはどこ?

銀行のカードローン(例えば三井住友銀行カードローン)は最高利用限度額最高800万円と、他の銀行や消費者金融にも引けを取らない程高額に設定されていますが、この800万円はすべての人が利用できる金額ではありません。

「利用最大限度額」と「利用できる限度額」は異なるものです。

銀行では利用者の審査結果によって限度額を設定しており、設定された限度額の含まれるコースにかかる金利が適応される形を取っています。設定される限度額は信用情報や属性により個人差が大きく出ます。そのため、はじめは10万円までしか借りられない方もいますし、はじめから300万円借りれる方もいらっしゃいます。

限度額は増額も可能ですが、最大で800万円までの限度額にしかなりません。となっているのが銀行カードローンです。

ポイントを整理!
  • 広告ページやテレビCMで表示される限度額は「借入できる最大の金額」で、はじめから最大まで借入できません。
  • 審査結果の通知で提示される限度額は「現在借入できる金額」で増額審査が通らない限り、最初に提示された額までしか借入できません。

限度額が大きくても総量規制に引っかかっては意味が無いのでは?

銀行カードローンは銀行法によって営業をしているため、貸金業法の影響を受けることはないため総量規制の対象外なので年収の3分の1以上のお金を貸すことができるんです。

いくら限度額が高くても貸金業法改正によりできた「総量規制」に引っかかってしまっては意味がありませんよね。そもそも総量規制とはなんなのでしょうか?

総量規制とは、貸金業法の中で定められている「個人の借り入れは年収の3分の1以上は借りれない」意味です。貸金法改正前に多くあった消費者金融の貸し倒れや借金で返済に追われ、生活ができなくなった人の増加を防ぐために制定されました。(参考:1 お借入れは年収の3分の1までです

総量規制を定めている法律は貸金業法です。貸金業法とは「お金を貸す業務を行っており、財務局または都道府県に登録をしている貸金業者に適応」するのです。具体的には消費者金融やクレジットカード会社がこの貸金業者に当たります。

ポイントを整理!
  • 総量規制は貸金業法によって定められている(消費者金融やクレジットカード会社)
  • 銀行カードローンは銀行法によって営業しているので貸金業法の影響をうけない

関連記事:銀行カードローンが総量規制の対象にならないのはなぜ?