横浜銀行カードローンの特徴は?キャッシングの申込条件や審査について

横浜銀行カードローンは、サッカーの長友佑都選手の宣伝でおなじみのカードローンです。

地方銀行の中でも非常に知名度の高い横浜銀行のカードローンは、最短で翌日融資が可能で専業主婦の方も配偶者の同意なしに申し込むことができる利便性の高いカードローンです。

こちらのページでは、横浜銀行カードローンのメリットや審査のポイント、返済のコツなどをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

横浜銀行カードローンの特徴

[jin-fusen2 text=”地方銀行でありながら大手銀行並みのスペック”]

銀行カードローンというとメガバンクの商品を思い浮かべる方が多いかもしれません。ところが、横浜銀行カードローンは地方銀行の中でも非常に知名度が高く、スペックも大手銀行に全く引けを取りません。

金利や契約限度額などのスペックを比較してみましょう。

カードローン 金利 契約限度額 口座開設 最低返済額
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6% 10~500万円 不要 2,000円

(借入残高10万円まで)

三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10~800万円 不要 2,000円

(借入残高10万円まで)

みずほ銀行カードローン 1.5%~14.0% 10~800万円 必須 2,000円

(借入残高20万円まで)

りそな銀行カードローン 3.5%~13.5% 10~800万円 必須 10,000円

(借入残高50万円まで)

横浜銀行カードローン 1.5%~14.6% 10~1,000万円 必須 2,000円

(借入残高10万円まで)

楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円 不要 2,000円

(借入残高10万円まで)

金利を見ると大手銀行と同水準のカードローンであることがわかります。

さらに契約限度額を見ると、消費者金融と比較して最高額が高い銀行カードローンの中でも、横浜銀行カードローンは上限1,000万円とトップクラスです。

今までメガバンクのカードローンしか考えていなかった方も、これだけ優れた融資条件で借り入れできる横浜銀行カードローンは検討すべき存在と言えるのではないでしょうか。

[jin-fusen2 text=”申し込みから契約までWEB完結も可能”]

横浜銀行カードローンは利便性も兼ね備えていて、申し込みから契約までWEBで完結させることができます。来店する必要なく家にいながら契約ができる点は大変便利です。

ただし、横浜銀行カードローンの利用には横浜銀行の口座開設が必要です。まだ口座を持っていない方が店舗に出向くことなく完結させようとすると郵送でのやり取りが発生するため、融資までに最大で2週間程度時間がかかってしまいます。

その場合はWEBで完結させるよりも来店して口座開設を行ったほうが早く借入することができますが、急ぎでなければWEB完結も可能です。

[jin-fusen2 text=”最短で翌日融資が可能”]

銀行カードローンは金融庁の指導により2018年より即日融資が不可となったため、どの銀行も申し込み当日の融資は行っていません。

よって、銀行カードローンは翌日の融資が最短ということになります。

横浜銀行カードローンは最短で翌日に融資を受けることが可能です。

ただし、翌日融資を受けるためには横浜銀行の口座を持っている必要がある点に注意しましょう。横浜銀行の口座を持っていない方は郵送でローンカードが届くまでは融資を受けられないからです。

口座は横浜銀行の支店に行けばすぐに開設することができますが、支店によってはキャッシュカードが後日郵送となる場合もあります。横浜銀行カードローンを検討している方はなるべく早めに口座開設手続きをしておきましょう。

横浜銀行カードローンの申し込み方法

[jin-fusen2 text=”カードローンの申し込み条件”]

横浜銀行カードローンに申し込めるのは、次のすべての条件を満たす人です。

  • ご契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
  • 次の地域に居住またはお勤めの方
    • 神奈川県内全地域
    • 東京都内全地域
    • 群馬県内の以下の市(前橋市、高崎市、桐生市)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
[jin-fusen2 text=”申込できるのは関東エリア居住者のみ”]

地方銀行の特徴ともいえますが、横浜銀行カードローンの申し込みは神奈川県・東京都・群馬県の一部の市に居住または在勤していることが条件に含まれています。

たとえ横浜銀行の口座を持っていても、この地域に在住・在勤していない方は申し込み資格がありませんのでご注意ください。

専業主婦でも配偶者の同意書なしに申込可能

通常消費者金融のカードローンは総量規制が適用されるため、収入のない専業主婦の方は申し込むことができません。

銀行カードローンも本人に収入のない人は申し込みができなかったり配偶者の同意が必要だったりすることが多いのですが、横浜銀行は配偶者の同意書なしに申し込みすることができます

「同意書はいらなくても、夫の名前や勤務先名を申告しなくてはいけないのでは?」と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

主婦の方が申し込みする際、勤務先情報に配偶者の情報を入力する項目はありますが、差支えのない範囲の記入で良いと説明書きがされています。入力が必須なのは年収と健康保険証の種類のみですので、抵抗のある方は勤務先情報を申告する必要はありません。

専業主婦として家計が成り立っている時点で、ある程度の収入のある家庭と判断されるのでしょう。

横浜銀行カードローンは、専業主婦の方にとって非常に申し込みやすいカードローンと言えます。

申し込みから借り入れまでの流れ

[jin-fusen2 text=”申し込み方法は4種類”]

横浜銀行カードローンの申し込み方法は全部で4通りあります。申し込み後に指定した電話番号に確認の電話が来ますので、覚えておきましょう。

  1. インターネット
  2. 電話
  3. 郵送
  4. FAX

店頭窓口での申し込みは受け付けていませんが、お身体の不自由な方などは窓口で相談することが可能です。

[jin-fusen2 text=”インターネット”]

24時間いつでも申込可能です。

横浜銀行の口座をお持ちであれば契約までWEBで完結できますし、お持ちでない場合も口座開設を同時に申し込むことができます。

どこにいても申し込みができますので一番おすすめの方法です。

[jin-fusen2 text=”電話”]

受付時間は下記のとおりです。携帯電話・PHSからも申込可能です。

カードローン受付センター:0120-458-014

受付時間:9時~21時(平日)、9時~17時(土・日・祝日)

[jin-fusen2 text=”郵送・FAX”]

横浜銀行の店頭・ATMコーナーに備え付けのリーフレットに必要事項を記入して郵送、またはFAXで送ってください。

[jin-fusen2 text=”必要書類の提出”]

書類提出を依頼するショートメールが届きますので、必要書類を提出しましょう。

認められている本人確認書類は以下の5種類です。このうちの1点を提出してください。

書類 注意事項
運転免許証 表面・裏面の両面
健康保険証+

住民票または公共料金等の領収書の写し

健康保険証…名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面

公共料金等の領収書の写し…現住所の記載があるもの

パスポート 顔写真および住所記載のページ
マイナンバーカード(個人番号カード) 表面のみ
在留カード 永住権の記載があるもの

特別永住者は特別永住者証明書

希望する借入額が50万円を超える場合は収入証明書類の提出も必要です。次のいずれかを用意しておきましょう。

書類 注意事項
源泉徴収票 特になし
納税証明書 税務署の発行印があるもの
確定申告書 税務署の受付印があるもの
住民税決定通知書 市区町村長の発行印があるもの
[jin-fusen2 text=”信用情報審査と在籍確認”]

申し込み情報をもとに審査が行われます。

横浜銀行が行う審査と保証会社SMBCコンシューマーファイナンスが実施する審査があり、両者の審査に通る必要があります。

横浜銀行カードローンは勤務先への在籍確認を行っています。

専業主婦の方は勤務先がありませんので、在籍確認は実施されません。配偶者の勤務先へ連絡がいくこともありませんので安心してください。

在籍確認はありませんが、申し込み後にかかってくる本人確認の電話にはしっかりと応答しましょう。

[jin-fusen2 text=”審査結果通知”]

審査結果がメールまたは電話で通知されます。

結果の連絡は最短で申込日の翌日ですが、混み合っている場合や在籍確認がスムーズにいかなかったなどの理由で審査に時間がかかった場合は翌日以降となることもあります。

[jin-fusen2 text=”契約手続き”]

契約書類を郵送・FAXで送るか、WEB完結を選択した方はインターネットで手続きを行います。

契約書類に不備があると再提出を求められることになり、借り入れまでに余計な時間がかかってしまいます。間違いがないかよく確認してから提出してください。

[jin-fusen2 text=”ローンカードの受け取り”]

ローンカードが自宅に簡易書留で届きます。

ローンカードはどの契約方法でも郵送での受け取りとなり、申込時に記載した自宅住所以外の住所に届けてもらうことはできません。

横浜銀行の口座を持っている方は、カードを受け取る前でも口座への振込による契約日当日の借り入れが可能です。

それ以外の方はローンカードが自宅に届いてから借り入れが可能です。

[jin-fusen2 text=”ATMまたはインターネットバンキングから借り入れ”]

ローンカードが自宅に届いたら横浜銀行ATMまたは提携ATMから借り入れができます。ATMは土日祝日も含めていつでも手数料無料ですので余計な出費を抑えられます。

また、インターネットバンキングであるはまぎんマイダイレクトを利用して振込融資をしてもらうこともできます。

横浜銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

横浜銀行カードローンは金利や限度額の面ではメガバンクと同水準ですので、審査難易度も大手銀行と同じくらいだと考えられます。

「横浜銀行の口座を持っていた方が審査に有利になるのでは?」

と考える方もいるかもしれませんが、あまり審査には影響ありません。

審査には横浜銀行口座の有無よりも、他社借入金額や信用情報の方が大きく影響することを覚えておきましょう。

[jin-fusen1-even text=”他行と比較して優れているポイントは?”] [jin-fusen2 text=”横浜銀行の口座を持っている人は最短翌日融資が可能”]

銀行カードローンは即日融資を行っていませんし、審査にも時間がかかるため申し込みから借り入れまで数営業日かかることも多くあります。

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座を持っていれば最短で翌日に融資を受けることが可能です。

ただし、申し込み時間や申し込みの混み具合によっては翌日の融資が難しい場合もあります。

[jin-fusen2 text=”利用限度額が大きい”]

横浜銀行カードローンの最大融資額は1,000万円です。

消費者金融よりも限度額が大きいと言われている銀行カードローンですが、その中でも横浜銀行は特に高い限度額となっています。

ただし、利用限度額は審査によって決まりますので、始めから数百万もの限度額を提示されることはまずありません。将来的にまとまった額の融資を希望している方にはメリットと言えるでしょう。

[jin-fusen2 text=”専業主婦でも申込可能”]
  • 専業主婦でも申込可能

横浜銀行カードローンは収入のない専業主婦の方も配偶者の同意なく申し込むことができます。

消費者金融は本人に収入のない方には融資を行うことができません。

中小の消費者金融ならば配偶者の同意のもとに専業主婦の申し込みを受け付けている業者もありますが、知名度の高い横浜銀行に申し込みできるのならばその方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。

配偶者の同意や収入証明書なしに申込できる点は、家計を握る専業主婦の方にとって大きなメリットです。

[jin-fusen1-even text=”他行と比較して劣っているポイントは?”] [jin-fusen2 text=”ローンカードは郵送でしか受け取ることができない”]

横浜銀行カードローンは、どの契約方法でもローンカードは自宅に郵送されます。

自宅以外の場所へ届けてもらうことや店頭で受け取ることはできませんので、カードローンの申し込みが家族に知られてしまう可能性が高くなってしまいます。

日中一人で自宅にいる方や一人暮らしの方にはあまり影響がありませんが、家族と同居している方は注意しましょう。

[jin-fusen2 text=”学生は申込できない”]

横浜銀行のカードローンは学生の申し込みを受け付けていません。20歳以上で安定したアルバイト収入があっても学生の方は申し込み資格がありませんので、融資を受けたい学生の方は他のカードローンを探す必要があります。

プロミスやアコムなど大手消費者金融は20歳を超えていれば申し込み可能です。

銀行カードローンで探している方は、三菱UFJ銀行バンクイックや三井住友銀行カードローンを検討しましょう。

[jin-fusen2 text=”居住地によって申し込み資格がない”]

横浜銀行は地方銀行ですので、先ほどもご説明した通りカードローンの申し込み条件に居住地または勤務地が含まれています。

対象区域外に居住・勤務している方はどんなに希望しても資格がありません。

横浜銀行の店舗は愛知県・大阪府にもあります。しかし、近隣の方も口座の開設はできてもカードローンに申し込むことはできません。

横浜銀行カードローンのATMについて

横浜銀行カードローンの利用ができるATMは次の4つです。

  1. セブン銀行
  2. ローソンATM
  3. E.netコンビニATM
  4. イオン銀行ATM

上記以外にも全国の銀行、信用金庫等の提携金融機関でも利用可能ですが、その場合は利用手数料がかかります。

随時返済は横浜銀行ATMまたは提携ATMをご利用ください。ただし、イオン銀行ATMのみ返済に利用することはできません。

ATM手数料について

ATM手数料は次のようになっています。

曜日 時間帯 手数料
借入 平日 終日 無料
土日祝 終日 無料
返済 平日 終日 無料
土日祝 終日 取り扱いなし

提携ATMも含め、いつでも利用手数料はかかりません

ただし、全国の銀行や信用金庫のATMではそれぞれ定められている手数料がかかってしまいます。

出来る限り横浜銀行ATMや提携のコンビニATMを利用しましょう。

横浜銀行カードローンの返済について

[jin-fusen2 text=”返済方法は口座引き落とし”]

横浜銀行カードローンの月々の返済は口座引き落としです。ATMからの入金やネット振込は利用できません。

引き落とし日は毎月10日固定で、最低返済額が自動で引き落とされます。大手消費者金融などは返済日をご自身の給料日直後に設定することができますが、横浜銀行は固定されていますので計画的に返済を行う必要があります。

[jin-fusen2 text=”最低返済額は2,000円から”]

最低返済金額は前月の定例返済後の借入残高に応じて決まります。

借入残高 定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の借入残高
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
(以降、50万円ごとに5,000円追加)
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円
1,000万円超 85,000円
[jin-fusen2 text=”繰上返済を活用するのがおすすめ”]

最低返済額が2,000円からと非常に利用しやすい横浜銀行カードローンですが、返済期間の上限は定められていません。そのため、最低返済額のみの返済を続けていると返済期間が長期化し結果として利息負担がどんどん膨らんでしまいます。

たとえば、10万円借り入れして最低返済額のみの返済を行うと次のようになります。

返済回数 返済額(最低返済額)
1回目 4,000円
2回目~76回目 2,000円
77回目 948円
総返済回数 77 返済総額 154,948

ところが、毎月最低でも3,000円返済するようにするとこのようになります。

返済回数 返済額
1回目 4,000円
2回目~43回目 3,000円
44回目 358円
総返済回数 44 返済総額 130,358円          

支払利息を2万円以上抑えられるだけでなく、返済期間が約2年半も短くなります。

たとえ少額でも最低返済額以上の返済を積み上げることが利用者にとって大きなプラスになりますので、ぜひ繰上返済を積極的に利用してください。

[jin-fusen2 text=”繰上返済はATMまたはネットバンキングで可能”]

毎月の返済方法は口座引き落としのみですが、繰上返済はATMまたはネットバンキングで行うことができます。

繰上返済では返済したお金はすべて元金の返済に充てられますので支払利息を減らす効果があります。

はまぎんマイダイレクト・ATMともに手数料はいつでも無料ですので、積極的に繰り上げ返済を利用しましょう。

<h3>利用明細の郵送を防ぐ方法</h3>

家族に横浜銀行カードローンの利用が知られやすいのは、ローンカードを受け取る時と利用明細が届く時です。

ローンカードの受け取りは前述の通り避けることはできません。

では利用明細はどうでしょうか。

利用明細の発行は停止することができます。はまぎんマイダイレクトで、ローン商品の取引明細等を電子交付に切り替える手続きを行うと利用明細の郵送はなくなりますので安心してください。

審査落ちしてしまった場合の対処法

[jin-fusen2 text=”審査落ちしてしまう人の特徴”]

横浜銀行カードローンは大手銀行のカードローンと十分に張り合える魅力的なローンですが、審査に通らないと利用することはできません。

残念ながら審査落ちとなってしまう方の特徴は次の通りです。

[jin-fusen2 text=”信用情報に問題がある”]

横浜銀行カードローンに限った話ではありませんが、信用情報に事故情報が残っている方は審査に通らない可能性が高いです。

債務整理、長期延滞、強制解約など金融事故を起こしてしまったことがある方は事故情報が消えるまでは大手のカードローン申し込みは避けたほうが良いでしょう。

信用情報から事故情報が消えているかどうかがわからない方は、各信用情報機関に開示請求を行って確認することをおすすめします。

[jin-fusen2 text=”他社借入が多い”]

他社借入件数が複数件ある方は審査の通過が難しいと考えられます。

銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、利用者の借り過ぎによる返済負担を減らすために自主的に制限をかけています。

そのため、すでに他社で複数の借入を行っている方は返済能力が低いとみなされ審査に通りづらくなってしまいます。

[jin-fusen2 text=”プロミスの未入金情報が残っている”]

カードローンの返済日を数日遅れた程度では金融事故とは言いません。一般的には二か月以上未入金の状態が続くと信用情報に延滞として記録されるからです。

しかし、自社で管理している返済情報にはたとえ一日の遅れでも入金遅れとして記録されます。

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス、つまりプロミスです。

審査はプロミスが行いますので、プロミスやプロミスが保証会社を務めているジャパンネット銀行や三井住友銀行などのカードローン返済が遅れてしまっている方は、信用情報上は問題がなくても審査に落ちてしまう可能性があります。

横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

[jin-fusen2 text=”信用情報の開示請求を行う”]

審査落ちの原因がわからない場合は信用情報の開示請求を行いましょう。もしかしたらすでに消えたと思っていた事故情報がまだ記録されているかもしれません。

[jin-fusen2 text=”他社借入を減らしてから再度申し込む”]

他社借入がある方は出来る限り件数と金額を減らしてから再度審査に申し込んでみましょう。

他社借入は少ないに越したことはなく、銀行カードローンを希望するならば他社借入は一件までが理想です。

[jin-fusen2 text=”消費者金融カードローンに申し込む”]

消費者金融は銀行カードローンよりも上限金利が高いため、やや審査の難易度が低くなると考えられます。そのため、同じ銀行カードローンに申し込むよりは消費者金融のカードローンをおすすめします

ただし、横浜銀行カードローンの保証会社を務めているプロミスは避けたほうが良いでしょう。

増額審査について

新規申し込み時の審査で限度額が決まりますが、限度額いっぱいまで借りている状態でさらに融資を希望する場合は増額申請を行うこともできます。

増額審査に通ると借りられる額が増えるだけでなく、金利が下がるかもしれないという大きなメリットがあります。

なぜならば、横浜銀行カードローンの金利は限度額に応じて下記のように決められているからです。

お借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

今まで限度額が100万円以下だった方が増額審査によって100万円を超えた場合、金利が11.8%になり今までよりも低金利で借りられることがわかります。

[jin-fusen1-even text=”増額審査に通るためのポイント”]

借入限度額の増額を希望すると審査が行われます。増額審査は新規申込時よりも厳しいと言われていますので、審査通過のためのポイントを押さえておきましょう。

増額審査では次のように利用実績が一番重視されます。

  • 横浜銀行カードローンを契約してから、定期的に利用していていること
  • 一度も返済に遅れていないこと
  • 繰り上げ返済を活用して最低返済額以上の返済を行っていること

一度でも返済に遅れてしまったことがある方は、増額審査の通過が難しくなってしまいます。

すでに遅れてしまったことがある方は少なくとも半年以上遅れることなく返済実績を積んでから審査に申し込みましょう

増額の申込みにデメリットやリスクはある?

増額申請にはメリットがある一方でデメリットもあります。

  • 増額審査中は新たな借り入れができないことがある
  • 審査の結果、限度額が減ってしまう可能性もある

増額審査は新規申込時よりも時間がかかることが多く、結果が出るまで数日間待つ必要があります。

その間限度額の範囲内で追加の借り入れをしようとしても、審査中は利用制限がかかり借り入れができなくなる可能性があります。

また、審査の過程で他社借入の増加や信用情報の問題点が見つかると、増額どころか限度額を減らされてしまうこともあります。もっと悪くするとカードローンの利用が不可となることもあります。

このような理由から増額申し込みは慎重に行うことをおすすめします。

横浜銀行カードローンと横浜バンクカードの違い

横浜銀行には横浜銀行カードローンの他に、バンクカードローンというローンカードがあります。

この横浜バンクカードはクレジットカード機能・キャッシュカード機能・ローンカード機能・デビットカード機能を併せ持ったカードです。

カードローン機能を持つため横浜銀行カードローンと間違えやすいのですが大きな違いがあります。

それは自動融資機能の有無です。横浜銀行カードローンにはついていませんが、横浜バンクカードにはついています。

自動融資機能がついていると口座の残高が不足してクレジットカードなどの返済が正常に行えない場合に、自動で融資を行い立て替えてくれます。

公共料金引き落とし分の入金し忘れや買い物に利用したクレジット代金をうっかり入金し忘れてしまう方には大変便利な機能です。

ただし、バンクカードのキャッシング利用枠は50万円までです。カードローン機能を主目的としている方には横浜銀行カードローンが向いているでしょう。

横浜銀行カードローンの特徴についてまとめました。もう一度要点をおさらいしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です