JCBカードRはポイント4倍のクレジットカード。メリットとデメリットをまとめました

クレジットカードについて詳しく知らない方でも、「JCB」という言葉は耳にしたことがあると思います。

JCBは国際ブランドの1つであり、JCBが発行しているクレジットカードは多数ありますが、その中でも、「リボ払い専用」のJCBカードがあります。
それが、「JCBカードR」です。

リボ払いとは毎月の支払額が決まっているので、買い物の合計金額や回数に関係しないので、支払いの計画を立てやすいのです。
それでは、そのリボ払い専用のクレジットカードである「JCBカードR」はいったいどのようなカードなのでしょうか?

特徴

「JCBカードR」の主な特徴として、「年会費無料」「ポイント4倍」という点が挙げられます。

まず、年会費についてですが、このカードは無条件で年会費が無料となっています。
例えば、1年間で一定額以上利用がなければいけないなどという条件もありません。

そして、ポイントについてですが、このカードは通常JCBのカードを利用して付与されるポイントの4倍ものポイントが付与されます。
付与されるポイントは、通常JCBカードを利用すると付与されるものと同じOkiDokiポイントなので、通常のJCBカードを利用するよりもかなりお得なカードとなっています。

また、このカードは家族カードも発行でき、家族が利用した分を含めても一定の支払額に抑えることができます。

メリット

それでは、「JCBカードR」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

まずは、リボ払い専用のカードなので当然ではあるのですが、リボ払いなので毎月の支払額が一定になるという点です。
急な出費があったり、大きな買い物をする必要が出てきた時でも、リボ払いなら毎月の支払い額は変わらないので、収入が変わらなくてもいきなり生活が苦しくなったりすることはないでしょう。
また、お財布に余裕がある時には毎月の支払日以外でもコンビニや銀行のATMなどで返済が可能なので、ボーナス時や臨時収入があった際には、繰上返済をして、早めに支払いを終えることもできます。

次に、ポイントが通常の4倍付与されるという点も非常に魅力的です。
JCBのクレジットカードは、通常は利用額1,000円につき1ポイントが付与され、1ポイント=5円相当として利用することができます。
しかし、ポイントが4倍になるこのカードなら、1,000円につき4ポイントが付与される、つまり、1,000円利用すれば5円×4=20円相当になるということです。
これは、ポイント還元率でいうと2%と、他のクレジットカードではなかなか見られない驚異の還元率です。

中には、リボ払い専用だと、他のクレジットカードのように保険は付帯されてないのではないかと思う方もいらっしゃると思います。
しかし、この「JCBカードR」は、海外旅行傷害保険も付帯されているのです。
しかも、最高で2,000万円、ショッピング保険も最高100万円という十分な補償額。
海外旅行に行きたいという方には嬉しいメリットと言えるでしょう。

デメリット

このように、一見良いところだらけの「JCBカードR」ですが、注意しなければならない点もあります。

それは、このカードだけではなく、「リボ払い」という支払い方法全般に言えることなのですが、手数料が発生するという点です。
リボ払いの場合の毎月の支払額には、元本に応じた手数料も含まれています。
そのため、結果的には実際に利用した金額より多く支払わなければならなくなる上に、返済が長引けば長引くほど、支払う手数料(実際の利用額にプラスされる部分)の総額も多くなります。
リボ払いを利用する際には、その点を念頭に入れた上でショッピング等をした方がいいでしょう。

また、このカードはリボ払い“専用”のカードであることも、場合によってはデメリットになり得ます。
一回払い・三回払い・ボーナス払いなど、支払い方法を選べるクレジットカードの場合は、その時のお財布事情などによって自分にとって最も都合が良い支払い方法を選べばいいのですが、このカードの場合は、強制的にリボ払いになってしまいます。
そのため、「今月はちょっと余裕があるから全額支払うことができる」といった場合でも、金額によっては1回の引き落としで全額支払うことができません。
先ほど述べたようにリボ払いは手数料が発生してしまうので、支払う余裕があったとしても、その分損をしてしまうのです。
「JCBカードR」はどんな人におすすめ?
このように、リボ払いのカードは、上手に使えばとても便利ですが、使い方を間違えると多額の借金を抱え込むようなことになってしまいます。

では、どのような人に「JCBカードR」がおすすめなのかというと、まずは、自己管理がきちんとできる人ではないでしょうか。
「毎月決まった額しか払わなくてもいいから便利」と後先考えず使いすぎてしまう人は、後々大変な目に遭ってしまう可能性が高いでしょう。

そして、決まった時期にボーナスなどのまとまったお金が入ってくる人も、月々の支払いは無理のない範囲で行い、まとまったお金が入ってきたら繰上返済をして、手数料をなるべく抑える、といった支払い方法ができます。
毎月の支払いは他のところで支障が出ない金額に抑え、ボーナスでバランスをとる・・・というような使い方が、「JCBカードR」のメリットを活かした使い方ではないかと思います。
まとめ
「リボ払い」と聞くと、あまりいいイメージを持たない方もいらっしゃるかもしれませんが、「JCBカードR」はJCBが発行しているという点では安心できるカードです。
ただし、使い方を間違えてしまうと大きく損をしてしまうので、きちんと管理をしながら利用しましょう。