JCB CARD Wのポイント還元率やメリットとデメリットをまとめました

JCB CARD Wは、国際ブランドの一つであるJCBが発行しており、2017年10月24日から会員募集を開始しました。

JCB CARD Wに申し込みができる年齢は39歳までで、WEB入会限定のカードです。年会費は永年無料ですがポイント還元率は1%あります。また、定期的にポイント付与率が高くなるキャンペーンを実施しています。

このページでは、JCB CARD Wのポイント還元率やカード利用時に注意すべきデメリットをまとめました。

JCB CARD Wの年会費とポイント還元率について

JCB CARD Wの年会費は無料です。本会員はもちろんのこと、家族会員の年会費も無料です。また、ETCカードの年会費も無料です。保有するコストがかからない為、とてもコスパの高いカードです。

JCB CARD Wは、カードの利用額に応じてOki Dokiポイントが付与されます。Oki Dokiポイントは、マイルへの交換やnanacoカードへの入金も可能です。また、お肉やカバンといった商品から、ディズニーランドなどのチケットにも好感が可能です。

JCB CARD Wのポイント還元率は1%あり、1000円ごとに2ポイントが加算されます。さらにセブンイレブンやAmazonなどの優待店では、ポイント付与率が2倍以上に引き上げられます。またOki Dokiランドでお買い物をすると、最大20倍のポイントをもらえる場合もあります。

JCB優待店のポイント倍率と還元率まとめ

JCBには、JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれる優待店があります。ポイント優待店でJCB CARD Wを使用すると、ポイント倍率や還元率が引き上げられます。

例えば、amazonでお買い物をすると、ポイント倍率が2.0%になり、ポイント還元率は2倍となります。スターバックスを利用した場合は、ポイント倍率が11倍となり、ポイント還元率は5.5%となります。セブンイレブンを利用した場合は、ポイント倍率が4倍になり、ポイント還元率は2.0%となります。

JCB優待店は、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのページにまとめられていますので参考にしてください。

JCB CARD Wに付帯するオプションについて

セキュリティーサポートが万全なこともJCB CARD Wのメリットです。クレジットカードはお金と直結しているのでセキュリティは重視したい部分です。

その点、JCB CARD Wはカードの不正使用や架空請求などに対して、しっかりとしたサポート体制が敷かれています。ですので、安心して買い物を楽しむことができます。

JCB CARD Wは年会費が無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が付いています。また、海外でも常に還元率は1%です。海外旅行の先でも安心してポイントを貯めることができそうです。JCB CARD Wカードのデメリットを挙げるとすれば、次の一点のみです。

JCB CARD Wは18歳〜39歳までしか入会することが出来ません。ですので、も対象年齢外の人は発行できません。ちなみに、入会後は40歳以降もJCB CARD Wを利用することが出来ます。

JCB CARD Wの特徴やメリット・デメリットからJCB CARD Wは次のような人におすすめです。

年会費無料でかつ高還元のJCB CARD Wは、普段使いのメインカードに相応しいスペックを備えています。現在、他のクレジットカードを利用している人でもJCB CARD Wに変更することで、より多くのポイントが貯まるというケースも少なくないはずです。

また、セキュリティや保険が充実していることから、場所を問わず安心して使えるカードを探している人にとっても最適な1枚と言えます。

圧倒的な還元率で爆発的にポイントを貯めることができるJCB CARD W。総合的な機能やサービスを考えてもトップクラスの1枚であることは間違いありません。

まさにメインカードに相応しいカードと言えるJCB CARD W。もし、カードの申込対象年齢である場合、これを機に手に入れてみてはいかがでしょうか。