JCB CARD W plus Lのスペックは女性限定の特典がいっぱい。メリット・デメリットをまとめました

JCB ORIGINAL SERIESから、「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」が2017年10月より発行開始になりました。

カードフェイスが違うだけで、一見内容も同じに見える2種類のカード。JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違いは、まず、JCB CARD W plus Lが女性向けのカードであることが挙げられます。スペックに関してはJCB CARD WとJCB CARD W plus L共に変わりはありませんが、JCB CARD W plus Lは女性向けの特典が付帯してきます。今回は、そんなJCB CARD W plus Lの特徴やメリット、デメリットを解説していきます!

特徴

JCB CARD W plus Lは年会費永年無料、還元率は1%と高めなのが嬉しい点です。ちなみに家族会員の年会費も無料、ETCカードも年会費無料で利用することができますよ。

JCB CARD W plus Lのポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」というもので、1000円のカード利用につき、2ポイント貯まります。1ポイントの価値は5円なので還元率は1%です。年会費無料で非リボ専用クレジットカードの中ではかなりの高還元カードといえます。

審査基準はそれほど厳しいものではなく、クレヒス作りにも使えるカードなので、クレジットカードを初めて持つという学生でも作りやすいのが特徴です。

通常のJCB CARD Wとの違いは、カードフェイスと付帯してくるサービスです。JCB CARD W plus Lは女性向けのカードとして発行されているため、女性向けのサービスが充実しています。
・豪華プレゼントが当たる「LINDAリーグ」
・メルマガ「LINDA MAIL」
・cinema LINDA
・お守リンダ
・女性疾病保険
これらの付帯サービスが、JCB CARD Wとの違いです。

メリット

JCB CARD W plus Lのメリットとして挙げられるのは、不定期に開催されている「nanaco移行キャンペーン」です。開催期間中はOkiDokiポイント1ポイントを6円相当でnanacoポイントに移行できます。還元率はなんと1.2%です!

ほかにも、豊富なポイント交換先が用意されているので、ポイントの交換をする楽しみも増えます。その際にはレートの高い交換先で交換するのがオススメ。nanacoポイント、Tポイントが特に使いやすく、還元率0.5%のレートで交換することができ、オトクですよ!

さらに利用付帯ではありますが、海外旅行損害保険は最高2000万円までと、年会費が無料のカードとしてはかなり高めの設定をされているのもメリットのひとつです。

また、セブンイレブンでは、QUICPay付きのnanacoカードで買い物をすると200円につき1ポイントが貯まります。さらに、QUICPayに登録したクレジットカードにもポイントがつきます。つまり、JCB CARD W plus Lを紐づけしておけば、セブンイレブンでの利用で還元率はいつでも2%になるということです。かなりオトクですよね!

今、利用する人が増えているApplePayにも対応しています。使い方は簡単な上に、Suicaへのチャージも可能です。JCBはApplePay対応へいち早くプレリリースを行いました。ApplePayに深くコミットしているのがうかがえますね。
普段使いの便利さもJCB CARD W plus Lのメリットです。

デメリット

JCB CARD W plus Lのデメリットは、ずばり39歳以下の人しか申し込むことができない点です。しかし、39歳までにJCB CARD W plus Lを作っておけば、40歳以降もJCB CARD W plus Lを持つことが可能です。

また、JCB CARD W plus Lも還元率は1%と高いのですが、JCBのプロパーカードにこだわらなければ年会費無料で還元率1.25〜2%の高還元率カードも存在している点です。

しかし、JCB CARD W plus Lは審査も甘めで、クレヒ作りにはかなり向いているカードなので、1枚持っておいて損はありませんよ!
まとめ
いかがでしたでしょうか?
ここまで、JCB CARD W plus Lの基本スペックやメリット・デメリットをお伝えしてきました。

JCB CARD W plus Lは、女性向けのサービスが充実している上に、カードフェイスもかわいらしい…さらには高還元率カードと、見た目も機能も充実している1枚なので、持っていて損はありません。

機会にJCB CARD W plus Lに入会してみてはいかがでしょうか?