JCBプラチナカードの使い方まとめ|審査難易度やメリット・デメリットをまとめました

JCBは、日本で唯一の国際ブランドです。

VISAなどに比べ、発行枚数はまだまだ少ないですが、日本国内の加盟店は多く使い勝手の良いクレジットカードです。
そして、JCBが2017年10月から発行している新しい最高ランクのカードがJCBプラチナカードです。
JCBプラチナカードのメリット・デメリット、審査難易度を調べてみました。

JCBプラチナカードは、最高ランクのカードであるが申込制 審査は厳し目?

一般的に招待制が多いプラチナカードですが、JCBプラチナカードプラチナカードですが招待制ではなく申込制です。
簡単に言えば、クレヒスを積まなくてもいきなりステータスの高いプラチナカードを持てるということです。
その分、審査が厳しいような気がしますが実際のところはどうなのでしょうか?

JCBプラチナカードは、招待制ではなく申込制!

基本的に、プラチナ以上のクレジットカードは、招待制であることが多いです。
招待制とは、クレジットカード会社側から「今持っているカードのアップグレードをしませんか?」というインビテーションがあって、そこから申し込むということです。
例えばJCBなら、「JCBザ・クラス」などは招待制という形を採用しています。
JCBプラチナカードは、申込制ですからJBCのカードを持っていなくても申込みによって取得することができます。
JCBプラチナカードの審査難易度 審査基準は?

JCBプラチナカードに入会するための基準は、「25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」です。
JCBのカード全般に言えることは、審査が厳し目であるということですから、最低でも25歳の正社員の平均年収程度は必要であると推測できます。
25歳の正社員の全国的な平均年収は400万円前後ですから、最低でもそのくらいの年収は必要であると考えて良いでしょう。
JCBプラチナカードの年会費はいくら?
JCBプラチナカードの年会費は、25,000円です。
プラチナカードとしては、年会費は比較的安いです。
因みに、JCB一般カードは1,250円、JBCゴールドカードの年会費は10,000円です。
JCBプラチナカードは、一般カードやゴールドカードよりも年会費が高いですが、充実したサービスを考えると当然かと思います。

JCBプラチナカードを持つメリット。どんな特典があるの?

JCBプラチナカードは、やはりステータスの高いカードだけあって様々な特典があります。

これらの特典を上手く利用すれば、年会費も高いものではなくなります。

困った時に相談できる「プラチナ・コンシェルジュデスク」

JCBプラチナカードの特典として、プラチナ・コンシェルジュデスクが24時間365日利用できるということがあります。

このサービスは、簡単に言えば旅行やゴルフの手配をコンシェルジュ・デスクが代行してくれるサービスです。

例えば、プラチナ・コンシェルジュデスクに電話して「北海道で個室で8名程度利用できる居酒屋を探しています」
と言えば、この条件に合った居酒屋を提案してくれます。

1名分の食事が無料になる?「グルメ・ベネフィット」

国内の指定された高級レストランの食事料金が2名以上で予約すると、1名分無料になるというサービスです。
上手く利用すれば、かなりお得感があるサービスです。

全国、海外への旅行や出張を快適にするサービスが多い

JCBプラチナカードを持っていると、

  • 「プライオリティ・パス」によって空港のラウンジが無料で利用できる
  • 「スペシャルプライスプラン」を利用できるので、人気のホテルに格安で宿泊できる
  • 国内・海外航空機遅延保険、旅行傷害保険(国内・海外)、ショッピングガード保険が自動付帯されている
という特典がありますから、海外への出張や旅行が多い人はそれだけでも重宝します。

JBCプラチナカードを持つメリット|キャンペーンやポイントは?

JCBプラチナカードを作る際は、お得なキャンペーンがあります。

また、他のクレジットカードと同じように買い物をすることで、ポイントを貰えるサービスもあります。

インターネット新規入会限定キャンペーンを利用すればお得
JCBプラチナカードは、申込制のクレジットカードです。

今なら、インターネットから新規申し込みをすることで、JCBギフトカード5,000円分が貰えます。

さらに家族カードも同時に申し込むことで2,000円分、友達を紹介すると6,000円分のJCBギフトカードが貰えます。

合計すると、最大13,000円分のキャッシュバックがあるので利用すればお得です。

ポイントもしっかり貯まる
カードを利用すると、Oki Dokiポイントが貯まります。
1,000円につき1ポイント貯まりますので、お得に買い物ができます。
1ポイントは5円相当ですから、還元率は0.5%です。
さらに、Oki Dokiランド経由で、インターネットで買い物をすると最大20倍のポイントが貯まるのでお得です。
また、JCB ORIGINAL SERIESパートナーで買い物をすればポイントが○倍になりますから、利用すべきですね。
例えばセブンイレブンで買い物をすればポイントが3倍になります。

デメリット

JCBプラチナカードは、欠点がないクレジットカードのように見えます。
敢えてデメリットを上げるなら、以下の2点でしょう。
BCプラチナカードは、ポイント還元率が低い
JCB プラチナカードは、ポイント還元率が0.5%と比較的低く設定されています。

ただJCB ORIGINAL SERIESパートナーで買い物をしたり、ネットショッピングの指定店舗で買い物をすればポイントが数倍になりますから実質的な還元率はもう少し高いのではないかと思います。
年会費がそれなりに高い
年会費が25,000円かかりますから、クレジットカードをあまり利用しない人にとっては高いと感じるかもしれません。

ただプラチナカードとしては安い部類に入りますし、JCBプラチナカードには多くの特典がありますからそれらを利用する機会が多い人にとっては、年会費25,000円は高くはないと思います。

JCBプラチナカードは、持っていれば便利なハイスペックカード

JCBプラチナカードは、申込制です。

25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方であれば作ることができます。

やはりプラチナカードだけあって、その特典は多く利用機会が多い人ならそれだけで年会費以上のサービスを受けることができます。

またJCBプラチナカードは、最上位のステータスと価値を持つクレジットカード「JCBザ・クラス」のひとつ下の階級のカードです。

JCBプラチナカードでクレヒスを積み重ねることで、JCBザ・クラスへのインビテーションがある可能性があるのでJCBザ・グランを入手するための最短ルートになります。

特典の多さやステータスを考えれば、利用する人によってはかなりコストパフォーマンスが高いクレジットカードと言えるでしょう。



このページの先頭へ戻る