MUFGカードプラチナの使い方まとめ。審査難易度やメリットをまとめました

三菱UFJニコスが展開している中で最高ランクのクレジットカードである、MUFGカードプラチナ。
MUFGカード プラチナは年会費20,000円(税別)で作れるプラチナカードであり、初めてのプラチナカードとしてもおすすめです。

もちろんプラチナカードですので、通常のクレジットカードを圧倒する豪華な特典やサービスを受けることができます。
本記事では、MUFGカードプラチナの特徴やお得な使い方について紹介します。

特徴

MUFGカードプラチナは三菱UFJニコスが展開している中で最高ランクのクレジットカードです。

三菱UFJニコスは三菱UFJ銀行の子会社であることから、大手メガバンク系という安心感があります。

倒産や破産の危険性は極めて低いと言えるため、安心して使い続けることができます。

1.基本スペック
まずはMUFGカードプラチナの基本スペックについて確認していきましょう。

基本スペック
年会費 20,000円(税別)
ポイント還元率 国内:0.3?0.6%
海外:0.6?1.2%
※商品券・ギフトカードに交換した場合
国際ブランド アメックス
ETC年会費 無料
利用可能額 最大500万円
年会費は20,000円(税別)であり、プラチナカードとしては安い部類に入ります。また、家族カードは1人まで無料であり、2人目以降は1人につき3000円(税別)で発行できます。

ポイント還元率に関しては、海外の加盟店で利用することで2倍になります。海外でのクレジットカード利用が多い人にとってはお得です。

2.審査難易度
MUFGカードプラチナの申し込み条件は、
「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生を除く)」
となっています。
学生は申し込み不可で、社会人限定となります。

世間一般的ではプラチナカードは審査難易度が高いというイメージがあります。
実際の審査基準は公開されていないため真相はわかりませんが、年会費が20,000円(税別)とプラチナカードにしては安く設定されているため、プラチナカードの中では比較的審査難易度が低いのではないかと考察できます。

メリット


ここでは、MUFGカードプラチナのメリットについて紹介していきます。

MUFGカードプラチナは年会費20,000円(税別)で作れるプラチナカードですが、通常のクレジットカードを圧倒する豪華な特典やサービスを受けることができます。

1.プラチナ・コンシェルジュサービスで様々なサポートを受けられる
プラチナ・コンシェルジュサービスを利用すれば、レストランの予約や海外のミュージカルのチケット手配などを電話一本で依頼できます。
海外での急な病気やトラブル、忘れ物・紛失物の探索にも対応してもらえます。

プラチナ・コンシェルジュサービスは世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料で利用することができます。

2.国内外1,200ヶ所以上の空港をカバーする空港ラウンジサービス
他のクレジットカードでも指定の空港ラウンジを無料で利用できる優待がありますが、それと比べてもMUFGカードプラチナは圧倒的に多い数の空港ラウンジをカバーしています。
海外旅行や海外出張が多い人には大きなメリットです。

3.空港から手荷物を無料で宅配できる、手荷物宅配サービス
海外から帰国した際、荷物1つを無料で自宅や職場に宅配することができます。
お土産などで帰国時の荷物が増えた際に嬉しいサービスです。

4.手厚い付帯保険サービス
MUFGカードプラチナは付帯保険サービスも充実しています。

付帯保険
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショピング保険 年間限度額300万円
国内外渡航便遅延保険 最高2万円
犯罪被害傷害保険 最高1,000万円
プラチナカードならではの充実の内容であり、クレジットカードによる保険はMUFGカードプラチナ1枚で十分と言えるでしょう。

5.「プレミアムスタープログラム」で長く利用する程お得に
プレミアムスタープログラムは、

・年会費の支払い
・ショッピングの年間利用額50万円以上

のどちらかを満たす毎に「★」が一つ加算され、★が5つ溜まると「ファイブスターメンバー」として優待特典を受けることができる仕組みです。
ファイブスターメンバーになると、前年のショッピング利用金額に応じたボーナスポイントが加算されるようになり、よりお得にMUFGカードプラチナを利用できるようになります。

デメリット

続いては、MUFGカードプラチナのデメリットや注意点について紹介していきます。

1.海外の空港ラウンジサービスを利用するには、プライオリティ・パスの申し込みが必要
海外の空港ラウンジサービスを利用するには、事前にプライオリティ・パスの申し込み手続きをする必要があります。
プライオリティ・パスは有効期限が1年間であり、1年間の期限が過ぎたら再申し込みしなければいけません。
MUFGカードプラチナの会員であれば再申し込みの際も無料ですが、自動更新してくれないのは少々不便です。
「海外旅行に出かけた際にプライオリティ・パスの期限が切れていた」なんてことにならないよう、有効期限には注意しましょう。

2. オンライン入会申し込みだと、利用明細書を郵送してもらえない
オンライン入会申し込みだと、利用明細の確認はWEBのマイページからとなります。
利用明細書を郵送してもらいたい場合は、電話申し込みで入会する必要があります。
まとめ
本記事では、MUFGカードプラチナの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。
MUFGカードプラチナは比較的安い年会費で作ることができるプラチナカードであり、プラチナカードの最初の一枚としてもおすすめです。
これを機にぜひ申し込みを検討してみてください。
このページの先頭へ戻る