在籍確認なしで借りられるカードローンはある?職場バレする心配はないの?

カードローンでお金を借りる際に避けて通れないのが在籍確認です。中でも嫌がる人が多いのが会社などへの電話連絡です。

結論として、在籍確認なしで借りられるカードローンはありません

勤務先の会社に連絡をする理由は申し込みをした本人に安定した収入があり、返済能力があるのかどうかを見極めるのに最適だからです。

申し込みをした本人がきちんと働いているかを会社に確認することで「返済能力があるかどうか」を確認されます。実際には申告した会社で働いていないのに虚偽の申告をされるとお金を貸すカードローン会社は返済能力がない、信用がないと判断してお金を貸してくれません。

在籍確認によって会社で働いていることが分かれば、返済能力があることが判断できるため審査に通りやすくなります。

電話による確認はどんな流れで行われるの?

一般的に電話による確認の流れは下記の通りです。

  1. カードローン会社から非通知で会社に電話
  2. 審査担当の個人名で「〇〇様はいらっしゃいますか」という問い合わせ
  3. 「〇〇は席を外しております。本日は不在です」といった回答でもOK

消費者金融系のカードローンでは原則、会社名を名乗ることはありません。審査担当の個人名で会社にかけるので、電話を受けた人はどこの会社からかかってきたかわかりません。

また、申込者が不在で「折り返しましょうか」と聞かれた場合にも「いえ、本人にかけさせていただきます」など会社名や電話番号などを名乗ることはありません。もし会社名を聞かれた場合にはやむを得ず回答する形になります。

カードローン会社によっては番号が通知される場合もありますが、例えば楽天銀行カードローンでは「非通知」でかけますと公式サイトに明記されています。もし勤務先の会社が非通知拒否をしている場合には電話番号を通知の上電話がかかってきます。

ちなみに専業主婦の場合にはそもそも職場が存在しないため、在籍確認はありません。

また、下記のようなケースでは注意が必要になります。

  1. 土日で職場が休みの場合
  2. 派遣社員、アルバイトの場合
  3. 個人情報保護の観点から個人に電話を取り次がない会社の場合

それぞれのケースにおける注意点を解説します。

土日で職場が休みの場合

職場が休みということは、会社に出勤している人がいませんので在籍確認ができません。その場合は会社の営業日にかけ直すということになります。

ということは、会社が土日休みの場合、土曜日に申込んでも電話を受け取ることができないため、審査が長引きます。ですから、休み明けの月曜日まで審査が終わることがありません。もし即日融資が必要な場合には、会社が営業している平日に審査を申し込んだほうがいいでしょう。

派遣社員やアルバイトの場合

派遣社員の場合、派遣元か派遣先の会社に電話がされるのか不安になるという方もいるかもしれません。派遣社員の場合には基本的に「派遣元」の会社に電話されます。

プロミスでは勤務先情報を入力する際に「派遣社員」を選択すると「勤務先名」は「派遣元の会社名」を入力するよう注意書きが入ります。

間違える人が多いからだとは思いますが、派遣社員の場合には派遣元会社の会社名や住所、電話番号を入力するように注意してください。

アルバイトの場合、長期で雇われている場合にはアルバイト先で問題ありません。短期や日雇いバイトをされている方は審査に通過するのが難しくなります。

短期や日雇いバイトの場合には、収入証明書の提出を求められる場合があります。直近の給与証明書などを提出して、収入が安定してあることを証明したほうがいいでしょう。

もし、アルバイト先に電話されたくないという場合には、クレジットカード会社から電話があると言って、よく電話を取る人に伝えておきましょう。

個人情報保護の観点から個人に電話を取り次がない会社の場合

大企業になると個人情報保護が厳しく、個人からの電話は個人情報の保護から答えることができないと回答されることがあります。

対策としては、事前に「クレジットカードの会社から電話が掛かってくる」ということを職場の人に伝えておくといいでしょう。

個人情報保護法が厳しくても「本人の同意があれば在籍確認できる」といった会社もあります。基本的に「本人の同意がなく個人情報を第三者に伝える」ことを法律で禁止しているので、「在籍確認の電話がある」と自己申告しておけば本人の同意があると判断して在籍確認の電話に応じてくれるケースがほとんどです。

もし、個人情報保護に厳しい会社だと分かっているのであれば事前に上司の方や同僚にクレジットカードを作りたいと相談してみてはいかがでしょうか。

勤務先や雇用形態によっては在籍確認が難しいケースもあります。なんとか回避する方法はないかと探しているのであれば、公式サイトで電話連絡なし、郵送物なしと明記しているSMBCモビットがオススメです。

在籍確認による職場バレを気にするあまりに、電話連絡なしを謳う違法業者を利用することや属性情報を偽ることは絶対にやめましょう。

ただ、ある条件を満たせば在籍確認が免除になり、電話以外でも在籍確認が取れるケースもあります。

信頼性の高い属性や少額融資の場合には在籍確認がない?

信頼性の高い属性や少額融資の場合は、在籍確認が免除されることがあります。

次のような方は、在籍確認が免除となる可能性もあります。

  • 安定して一定収入のある公務員
  • 大手上場企業の役員
  • 高年収
  • 過去に借り入れをして完済している

信頼性の高い属性というのは、安定して一定年収のある公務員や大手上場企業の役員、年収が高い方や過去にカードローンを利用してきちんと返済期限を守って完済された方に関しては信頼性が高いと判断されて在籍確認が免除になるケースがあります。

電話連絡以外の方法で確認を行ってもらえるケース

カードローン会社の中で「SMBCモビット」や「アイフル」はある条件を満たせば電話による在籍確認をすることなく審査ができることを明示しています。

SMBCモビットでは、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている場合(本人名義の口座に限る)、「全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている場合にWEB完結でお申し込みが可能です。

また、アイフルではお申込みの電話の際に「書類による在籍確認」を希望すると職場への在籍確認の電話連絡せずに審査ができます。その場合、下記の書類のうちどれか1点を提出する必要があります。

  • 給与証明書(直近2ヶ月分)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

少しでも早く借り入れをしたい方は、申込みをする時点で上記の書類を用意しておきましょう。

「WEB完結」の文言には注意が必要

多くのカードローン会社や消費者金融が広告やHPなどで「WEB完結」とうたっていますが、あくまでも申込みがWEB上で完結するという意味であり職場などに在籍確認の電話連絡をしないという意味ではありません。

調べた限りでは、電話連絡なしですべての手続きが完了できるのはSMBCモビット1社のみです。

どうしても職場への電話連絡を回避したい方は、SMBCモビットからの借り入れを検討するようにしましょう。

[box01 title=”在籍確認を免除した場合、なにかデメリットはある?”]在籍確認を免除して何かデメリットがあるわけではありません。在籍確認を免除してもよいと判断されたということは属性が良い=在籍確認をせずに貸しても問題ないということですから、今後も安心してカードローンを利用する場合にも審査に通る可能性が高いです。[/box01]