NTTグループカードレギュラーのメリット・デメリットまとめ

NTTグループカードレギュラーは、NTTが発行しているクレジットカードです。

年会費は実質無料で持つことができますし、還元率は最大1.5%と高還元率なのが嬉しい1枚。もちろんNTTユーザーではなくても作ることができますよ。

今回は、そんな「NTTグループカードレギュラー」のメリットやデメリットを交えて解説していきます!

NTTグループカードレギュラーとは?

NTTグループカードレギュラーは、実は年会費が1200円かかってしまうのですが、それを無料にする方法があります。…それは、利用明細をWeb明細にするだけ!これだけで、年会費がタダになるので、ぜひとも利用したいサービスです。

国際ブランドはVISAかMasterCardから選ぶことができますよ。どちらも国内外問わず使えるお店が多いので、好みの国際ブランドを選んでくださいね。

そして、NTTグループカードレギュラーには2種類のポイントプログラムがあります。

ひとつめは、NTTの回線を利用することで還元されるプログラム「おまとめキャッシュバックコース」
もうひとつは、1000円のカード利用料金につき10ポイント貯まるプログラム「ポイント・プレゼントコース」

NTTの回線を普段から利用している方は「おまとめキャッシュバックコース」でポイントを貯めていくのがオススメです。…還元率は最大1.5%ですから!

「ポイント・プレゼントコース」は5000ポイント貯まると、プラスで500ポイントがプレゼントされるので使えば使うほどオトクです。ただし、交換レートは低めなのでご注意を…。(現金キャッシュバックで10000ポイント=6000円なので還元率は0.6%)

NTTグループカードレギュラーは、18歳以上(高校生を除く)なら申し込むことができますので、審査のハードルはそれほど高くないと思って大丈夫です。ちなみに家族カードも無料で発行することができますよ。

メリット

NTTグループカードレギュラーのメリットは、電子マネーへのチャージでポイントが還元されるところです。楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAに対応しており、特にnanacoは税金を支払うことのできる唯一の電子マネーなので、NTTグループカードレギュラーでnanacoにチャージ、そして税金関連をnanacoで支払えば、ポイントもざくざく貯まっていきます。

さらにNTTグループカードレギュラーは優待サービスも充実していますよ。
JTB、日本旅行、東武トップツアーズの3社では、「ブランド・パックツアー商品」を優待価格で利用することができます。

また、全国の提携しているホテルで最大20%OFF・スパリゾートハワイアンズで宿泊料金10%OFF、入場料10%OFF・富士急グループでお得な優待割引・レンタカーが最大5%OFFなどのサービスも受けることができます。

そして、NTTグループカードレギュラーでのショッピングなら「倍増TOWN」がオススメ!
倍増TOWNとは、NTTグループカード専用ショッピングモールです。このモールのすごいところは、ショッピング利用で最大26倍のポイントが獲得できるショップもあるところ。

楽天市場やYahoo!ショッピング、ポンパレモールのような超有名ショップや、ビックカメラやApple Storeも提携しているので、幅広い買い物に対応しているのもメリットです。また、掲載ショップも450店舗をこえているのも嬉しいメリットですね!

デメリット

NTTグループカードレギュラーの弱点は、ETCカードの発行に500円かかってしまうことや、やはりNTTグループの回線を利用していないとそれほど大きなメリットが得られない点です。

ポイントプログラムの「おまとめキャッシュバックコース」は還元率が1%以上になりますが、NTTグループの回線を利用していない場合は適用外となってしまいます。

NTTグループカードレギュラーは、NTTユーザーでなくとも作ることができるカードですが、やはりNTTユーザーのほうがよりオトクに利用できるカードです。

ただ、出光ではNTTグループカードレギュラーを使うことによって「出光キャッシュバックシステム」というサービスを受けることができます。

出光のガソリンスタンドで、ガソリン代が2円/L〜、最大20L安くなるサービスです。
こうしたサービスも考えると、デメリットを帳消しにできるほどのメリットはあります。
まとめ
いかがでしたでしょうか?ここまで、NTTグループカードレギュラーの特徴やメリット、デメリットをお伝えしてまいりました。

NTTグループカードレギュラーはNTTユーザーのほうがオトクに使うことができますが、NTTユーザーでなくとも、受けられる優待サービスが多いですし、電子マネーへのチャージでポイント還元されるのも大きなメリットのひとつです。この機会にぜひ、NTTグループカードレギュラーを申し込んでみてはいかがでしょうか。