オリックス銀行カードローン審査完全ガイド

業界最低水準の最低金利を誇るオリックス銀行カードローン。

大型融資を得意とするので、大口の融資を受けるのに最適なカードローンです。

業界の中でも特に珍しく、「保証会社を2社保有」のカードローンなので、1度の申し込みで2社からの審査を受けることができます。申込自体は1度なので、多重申し込みにはなりません。

当サイトではオリックス銀行カードローンの審査について徹底的に調べた結果を紹介しています。

オリックス銀行カードローンは申込方法によって審査基準が変わる?

テレビ窓口で審査を受けてもインターネット申込で審査を受けても、カードローンの審査基準は変わりません。
審査は「信用して貸付できるか」という点が最も重視されます。

虚偽の申請をしたり数打てばあたると思っている方、返済状況が信用に値しない方は借りることができないと思ったほうが無難でしょう。

カードローン審査に通るには、属性や信用を上げていくことはもちろん、定められた期限日を守ってきたか?安定した生活を送っているか?使用目的は正当か?などの要因も大きく関わってきます。

誠意を持って審査に望むことが審査通過の最低限必要な基準です。
3月は融資可能枠が残っている銀行や消費者金融もあります。貸付する側も枠いっぱいまで貸付を行いたいですから、3月の駆け込み需要時期は他の時期と比べて審査通過のチャンスかもしれません。

オリックス銀行の審査は利用者が有利になる特徴を持っているので、他社カードローンの審査も含み審査について少し確認をしていきましょう。
す。

保証会社とは、何らかの理由で返済ができなくなった時に銀行に対して債務者の代わりに返済保証を行ってくれる会社のことです。

保証会社があることでカードローン利用の際に担保も連帯保証人も用意する必要がなくなりました。

オリックス銀行カードローンの持っている利用者に有利な特徴と言うのは保証会社を2社保有しているところです。これは、保証会社1社のメガバンクや他銀行で審査を受けるより借入の可能性が広いということになります。

オリックス銀行カードローンに申し込みできる人
  • お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であること
  • 原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は除く)
  • 日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること
オリックス銀行カードローンの申込に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(審査の結果によっては収入証明書の提出が必要な場合もあります。)
  • 預金口座振替依頼書
  • 預金口座振替依頼書(源泉徴収票は会社に勤めている方のみです。個人経営や会社経営者の方は源泉徴収票以外の収入証明書を用意してください。)

オリックス銀行カードローンの審査の流れは以下の手順で行われます。

  1. インターネットから申込みフォームへ必要事項記入(24時間受付)
  2. 登録Eメールアドレスに受付メールが配信される。届いた電子メールのEメールアドレス確認用URLをクリックし、受信確認をする。(ここでEメールアドレスを確定しておくと、審査の結果がメールで届きます。)
  3. オリックス銀行及び保証会社の所定の審査が行われる。
  4. 本人の意思確認。(オリックス銀行から電話が来ます。)
  5. ローンカードの発行。(ローンカードが発行され、自宅に送付されます。)
  6. 必要書類の提出。(本人意思確認後登録されたEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が届くので、そこから必要書類のアップロードを行う。)

最終審査と必要書類の確認ができたらローンカード到着後よりご利用できます。

申込時に借入方法をジャパンネット銀行振り込み融資を指定すると、審査通過後に24時間即時振込みが可能です。

保証会社が2社あるから審査は甘い?

オリックス銀行カードローンの審査がどうなのかという点についてはお答えできません。しかしオリックス銀行カードローンは保証会社が2社あります。各保証会社は得意とする保証人代行属性が異なるので、保証会社を複数持っていることは審査の間口が広がっているといえます。

オリックス銀行カードローンの保証会社は高額融資の審査の際に重要な「オリックス・クレジット株式会社」と、収入の少ない方(パート・アルバイト等)の貸付審査の際に重要な「新生フィナンシャル株式会社」の2社です。

オリックス銀行カードローンは以前、利用者の所得を年収200万円以上の方と設定していました。ですが、2014年10月31日から新生フィナンシャル株式会社が保証会社に加わったおかげで年収の制限無くなったのです。

簡単に言うと、「オリックス・クレジット株式会社」で保証を受けれなかった際に「新生フィナンシャル株式会社」で保証を受けれる可能性が出来たということです。
新生フィナンシャル株式会社は新生銀行系列の保証会社です。

大手消費者金融から銀行カードローンへと事業変更した「新生銀行レイク」の保証会社も勤めています。少額融資の際の保証を数多く担当してきた保証会社がオリックス銀行に加わったことで、審査通過の可能性が広がったということになります。

オリックス銀行カードローンの審査通過についてははっきりと言えません。ですが、複数の保証会社を保有することによって審査通過の間口が広がり、審査通過の可能性は他よりもあるのかもしれません。

仮審査に通るとほぼ審査通過したも同然です。あとは申告した内容に不備・虚偽がないか確認できれば本審査通過です。

オリックス銀行カードローンの審査時間は長い?

オリックス銀行カードローンは、申込をしてから早めに回答が来ることもありますが、即日融資可能の消費者金融や他銀行と比べるとやや遅めです。

オリックス銀行カードローンの審査に日数と時間がかかってしまうのは次のような理由が考えられます。

  • 審査に土日をはさむ「金曜・土曜・日曜」に審査申し込みをした
  • 祝日をはさむ日に申し込みをした
  • 申込件数の混雑
  • 属性などの信用情報と融資希望額の兼ね合いの判断をしている

申し込み後に審査回答の連絡が来ないことはありません。返事が来ない時は、連絡先の申告にミスがあったことが考えられますので、オリックス銀行に問い合わせをして確かめる必要があります。

連絡先に不備が無いのに連絡が来ない方は、どれくらい待っているかを確認してください。

オリックス銀行の審査はその日の混雑具合や申込内容次第では早めに回答行ってくれます。

しかし、状況によっては時間がかかることもあるので公式HPでは「お申込み受付後、2~3日程度を目処とさせていただいております。」と記載されています。

また、土日祝日の審査を行っていないので「土、日、祝日が間に入る場合は、5日間程度かかる見込みです。」とも記載されています。

審査時に申告した情報で貸付可能でも、虚偽の申請がないか・融資可能金額はいくらかの兼ね合いを判断する事に時間がかかる場合もあります。

また、オリックス銀行は保証会社を2社保有している為審査は2回行われます。

同時に2社の審査を行うわけではなくオリックス・クレジット株式会社で審査を行ってから新生フィナンシャル株式会社の審査を開始するため、オリックス・クレジット株式会社の審査に落ちると審査回答に時間がかかってしまうのです。

オリックス・クレジット株式会社の審査に通れば2社目の審査を受けないで済むので、審査回答も早くなります。

審査結果の連絡は基本的には電話で行われます。希望すればメールや書面での審査回答も行えるので、すぐに電話に出れない方は希望してみてください。

オリックス銀行のカードローンサービスは高額融資低金利で先を見据えた借入に重宝するカードローンです。

1度の申し込みで2回審査を受けれる利用間口の広い銀行カードローンは他に存在しないので、急ぎでない方はオリックス銀行での借入がおすすめです。

すぐにお金が必要な方は、即日融資可能なその他の銀行や消費者金融を利用したほうが良いでしょう。

ローンカードの受け取りに掛かる日数

オリックス銀行では仮審査に通過後にローンカード発行・郵送を行うので、ローンカードを受け取るまでに少し日数がかかります。

ローンカードが到着しても、必要書類の提出がされていない等の不備があれば、カードが届いた日に使えない場合もあるので要注意です。

仮審査に通った後でも、本審査で審査に通らなかったら融資はしてもらえません。不備がないかしっかりと確認しましょう。

ローンカードが長期間届かずに、オリックス銀行に問い合わせて「ローンカードは発送しました。」といわれた場合、郵便物に何らかのトラブルがあった可能性があります。その場合は配送業者に問い合わせてみる必要があります。

オリックス銀行カードローンに在籍確認はあるの?家族にばれない??

オリックス銀行カードローンの在籍確認は職場に直接電話をかけることで行われます。

オリックス銀行では在籍確認時に最大の配慮を行って電話をしますが、在籍確認の時に嘘の会社名や事業名を出すことはしません。会社名を偽って在籍確認を行うと法律違反になってしまうからです。

この方の場合は職場にばれるのを極端に嫌ったようですが、法律違反になってしまうので出来ないと伝えても納得できなかったようです。

在籍確認のときにはカードローン利用がばれるようなことは、貸金業法違反になってしまうので絶対に話しません。

在籍確認はとても慎重に行われ、電話は個人名でかける決まりになっています。万が一会社名を尋ねられた際にはオリックス銀行としか名乗りませんので、「保険の申し込みをした」等の言い訳を考えておけば簡単にごまかすことができます。

加えて、勤務先に在籍していることを確認できれば在籍確認は終了ですので「○○(契約者)は会議中です。」等の在籍を確認できる言葉が返ってきた時点で在籍確認は終了となります。

企業の方針で「○○さんいらっしゃいますか」と尋ねられて「個人情報保護の関係でお答えしかねます。」等の返答が返される場合がありますが、その場合には電話で確認が出来ないので、代替措置として社員証や在籍証明書などの提示を求められることがあります。

提出が完了すれば在籍確認は終了です。

オリックス銀行カードローンはブラックでも借りれる?

過去に返済遅延を頻繁に起こしていた場合、それはマイナスの信用情報として登録されています。

過去に数回の返済遅延をしても、迅速に振込みを行った場合はそれほど重視することではありません。

何度も返済遅延を起こしているのならブラックリストに載ってしまっていると考えたほうが良いでしょう。他社借入件数の多い方も危険です。

ブラックリストに載ってしまうと信用のない人というレッテルが貸金業を行っている会社から張られてしまいます。その結果、各金融会社の保証会社から信用を得ることが出来ず保証してもらえなくなるのです。どのカードローン会社でも利用対象者の項目に「○○会社の保証が受けられること」という記載が載っています。

ブラックリストに載ってしまうとオリックス銀行カードローンではまず借り入れが出来ません。オリックス銀行カードローンに限らず、全ての金融機関でお金を借りることが出来なくなると考えた方が無難です。

ですが、1、2回の短期返済遅延ならそこまで重要視する必要はありません。100%何の影響もないとは言えませんが、引落日間違い程度のミスならそこまでマイナス評価を受けることは無いはずです。

他社借入額が多い場合は審査落ちする可能性もある

返済遅延の信用情報登録は遅延が3ヶ月以上続いている場合は100%信用情報機関に異動情報が登録されています。

これは、貸金業者が信用情報機関に遅延情報を登録できる権利が遅延から61日目。遅延情報の報告義務が90日以降から発生する為です。

カードローン利用を行うときには審査に通る為の条件をクリアしていなければいけません。ここでは、カードローン審査を行うにあたってクリアしておきたいことを紹介します。
審査内容は各銀行・消費者金融で異なり公に出ることはありません。提示する条件をクリアしていても審査通過を保証するものではないのでご了承ください。

オリックス銀行カードローンとメガバンクの金利を比較しました

オリックス銀行はカードローンに力を入れておりメガバンクのカードローンと比べても低金利と言えます。

最も注目するべきは最低金利の低さです。オリックス銀行が他の銀行カードローンと差別化を図っている部分はここにあります。

他の銀行カードローンは一般的に少額を借りる際に消費者金融よりも有利な条件で借入が出来る状況を作っているにもかかわらず、オリックス銀行カードローンは高額借入に有利な状況を作っているカードローンです。

金利

限度額最大

オリックス銀行カードローン

1.7%~17.8%

800万円

三菱UFJ銀行カードローン

バンクイック

1.8%~14.6%

500万円

みずほ銀行カードローン

4.0%~14.0%

1000万円

三井住友銀行カードローン

4.0%~14.5%

800万円

他の銀行カードローンとは違い、最低金利を群を抜いて低くしている理由は「まとまった額の高額融資を得意としている為」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です