最高ランクのプラチナカードを徹底解説。おすすめのプラチナカード3選

持っているだけで1つのステータスとなる、プラチナカード。
財布に1枚入っているだけで風格があり、誰もが一度は憧れるカードでしょう。
ではそもそも、高い年会費を払ってまでプラチナカードを持つ意味とは何なのでしょうか。
本記事では、プラチナカードの魅力やメリットついて解説していきます。
作っておいて損のないおすすめのプラチナカードも紹介しますので、これからプラチナカードを作りたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

プラチナカードとは

「プラチナカード」はクレジットカードの呼び方の1つです。
年会費無料で作れることも多い通常のクレジットカードのワンランク上に「ゴールドカード」があり、そのさらにもうワンランク上に「プラチナカード」があります。

プラチナカードの年会費は安いものであれば2万円、高いものであれば15万円近くするものもあります。
年会費が高い分、空港ラウンジサービスや付帯保険は通常のクレジットカードやゴールドカードよりも充実しています。
利用可能額についても、通常のクレジットカードやゴールドカードよりも多く設定されることが多いです。

プラチナカードを保有するメリット

では、高い年会費を払ってまでプラチナカードを作るメリットとは具体的に何なのでしょうか。
いくつか例を挙げて、紹介していきます。

1.コンシェルジュサービスによるホテルやレストランの予約代行
プラチナカードの代表的なサービスと言える、コンシェルジュサービス。
予約の取りづらいホテルやレストランの予約を、電話一本で依頼できます。
また、海外旅行中の怪我やトラブル、忘れ物や紛失物探索にも対応してもらえたりもします。

2.空港ラウンジサービスが充実している
ゴールドカードでも国内外の空港ラウンジを無料で利用できることが多いですが、プラチナカードの方がゴールドカードよりも利用できる空港ラウンジの数が多いです。

3.付帯保険が充実している
付帯保険についても、ゴールドカードよりも充実しています。
旅行傷害保険であれば、国内と海外両方で1億円以上が補償されるのも珍しくありません。
プラチナカードで買った商品が破損や盗難にあってしまった際、その金額を一定額まで補償してくれる「ショッピング保険」がつくこともあります。

上記はほんの一例であり、各クレジットカード会社が様々なお得な特典やサービスを提供しています。

おすすめのプラチナカード3選

どのプラチナカードを作れば良いのかわからないという人のために、ここでは作っておいて損のないおすすめのゴールドカードを紹介します。

1.MUFGカード プラチナ
三菱UFJニコスが発行するプラチナカードです。
年会費が20,000円(税別)とプラチナカードとしては安い部類に入るため、初めてのプラチナカードにもおすすめです。
年会費が安いプラチナカードとは言えども、ゴールドカードにはないような豪華な特典やサービスを受けることができます。

2.三井住友プラチナカード
銀行系カードの代表格である三井住友カードのプラチナカードです。
三井住友プラチナカードの優待サービスの中でも人気なのが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待サービス。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気アトラクションに、待ち時間を短縮して乗ることができます。

3.JCBプラチナカード
日本発唯一の国際カードブランドJCBのプラチナカードです。
24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスや有名レストランの所定コースが1人分無料になるサービスなど、プラチナカードならではの特典やサービスを受けることができます。
また、キャンペーン期間中に入会すれば最大で13,000円分のキャッシュバックを受けることができます。

プラチナカードの気になる疑問

プラチナカードに関する質問をまとめました。

1.プラチナカードの審査基準は難しい?
どのクレジットカード会社もカードの審査基準を公開していないため真相はわかりませんが、プラチナカードは通常のクレジットカードやゴールドカードよりも利用限度額が大きくなる分、入会時の審査難易度は上がると考えられます。
多くのプラチナカードは「安定的な収入」があることを条件としているため、フリーターや自営業よりも会社員の方が審査には優遇されます。
また、過去に一度でもクレジットカードの支払い遅延などがあると、それだけで審査に落とされてしまったりもします。

2.プラチナカードのデメリットは?
プラチナカードのデメリットは、やはりその年会費の高さでしょう。
プラチナカードの年会費は安くても2万円はかかり、プラチナカードの特典やサービスをあまり利用しない人は元が取れません。

逆に特典やサービスをフルに活用する人であれば、すぐに年会費の元を取ることができるでしょう。

3.インビテーションがなければ絶対にプラチナカードは作れない?
一部のプラチナカードはインビテーションがなければ作れませんが、多くのプラチナカードはインビテーションがなくても作ることができます。
まとめ
プラチナカードは持っているだけで一人前の社会人としてのステータスになります。そしてその特典やサービスは、通常のクレジットカードやゴールドカードを圧倒する豪華さでもあります。
まだプラチナカードを持っていないという人は、ぜひこれを機に申し込みを検討してみてください。
このページの先頭へ戻る