プロミスは在籍確認なしにできる?流れやタイミングをまとめました!

消費者金融に申し込みをすると、審査の過程で在籍確認が行われます。

プロミスも例外ではなく必ず在籍確認が実施されますが、この在籍確認に不安を感じる方は多いのではないでしょうか。

結論から言えば、在籍確認の電話で周囲にプロミスへの申し込みがばれることはありませんし、どうしても電話による在籍確認に不安がある方は電話以外の方法での在籍確認も可能です。

こちらのページでは、プロミスの在籍確認を乗り切るコツをまとめましたので参考にしてください。

プロミスの在籍確認はなしにできる?

在籍確認の電話があると周囲の人にカードローンの申し込みがばれてしまうのではないか。このような不安を感じる方は多いですが、プロミスの在籍確認を避ける方法はあるのでしょうか。

結論から言うと、残念ながらプロミスの在籍確認は免除できません。

無担保で融資を受けられるカードローンは、各金融機関が申込者の返済能力を厳しく審査しています。審査では特に収入の安定性が重視されるため、プロミスに限らずどの業者においても申込者が申告通りに勤務しているかどうかを確認するプロセスを短縮できません。

ただし、一般的には電話連絡で行われる在籍確認ですが、会社への在籍が確認できれば良いので必ずしも電話である必要はありません。

電話連絡以外で在籍確認をする方法

在籍確認のプロセスそのものはなくせませんが、電話連絡以外の方法を指定することは可能です。

具体的な方法としては、会社に在籍している事実を証明できる書類を提出し電話連絡を代替する方法です。

書類代替を行っていない消費者金融もありますが、プロミスは比較的柔軟に応じてもらえる傾向にあります。

ただし、誰でも書類代替の手段が認められるわけではありません。審査担当者の判断により決まりますので、必ずしも電話連絡を回避できるわけではない点は注意が必要です。

電話による在籍確認を避けたい理由には以下のものがあります。

  • 個人情報保護のため、会社が電話の取次ぎを行っていない
  • 個人名でかかってくる私用電話の使用が禁止されている
  • 勤務先が休業日で誰も電話に出られない

このようなケースでは電話が取り次がれず在籍確認ができないため、審査に落ちてしまいます。

該当する方は在籍確認が実施される前に審査担当者に相談しましょう。

上記のケースにはあたらないけれども電話連絡に不安を感じている方は、その旨を正直に話しましょう。

嘘の理由で電話連絡を避けようとすると、嘘がばれた時に審査担当者の心証が悪くなります。担当者も申込者の背景を理解していますので、状況を正直に伝えましょう。

在籍確認の電話を避けたい場合は、プロミスの審査担当者に相談する必要があります。理由を伝えて相談すると、書類で代替する際には何が必要かを教えてくれます。

プロミスは最短30分で完了するほどスピーディーに審査が進行しますので、うっかりすると申し込み後数分で勤務先に電話連絡が来てしまうケースもあります。

コールセンターに相談するおすすめのタイミングは次の2つです。

  1. カードローン申し込み完了後、すぐにコールセンターに電話をして相談する
  2. WEB「カンタン入力で申し込み」を選び、担当者から電話がかかってきた時に相談する

プロミスにWEBから申し込む際は、フル入力かカンタン入力を選択することができます。

カンタン入力を選択すると、最低限の入力項目で申し込みをした後に担当者から電話がかかってきて残りの項目について聞き取りを受ける仕組みになっています。審査開始前に担当者と電話で話ができますので、そのタイミングで在籍確認についての相談もできるのです。

フル入力で申し込んだ方は、申し込み完了後にこちらから電話をかけて相談する必要があります。

書類代替を希望する場合どんな書類を用意すべき?

書類代替を希望する人は、求められたらすぐに提出できるよう次の書類を用意しておきましょう。

  • 給与明細書(社名が記載されているもの、直近2~3か月分)
  • 保険証
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 社員証のコピー

どの書類を求められるかは一概には言えませんが、申込内容や属性をもとに審査担当者から指示されます。

プロミスは在籍確認の相談に柔軟にのってくれるとご説明しましたが、電話連絡を回避できるかどうかは審査担当者の裁量によるところが大きいため書類代替を断られる場合もあります。

特に、次のような人は電話連絡が必須となる可能性があります。

  • 収入や属性の審査で、返済能力が低いと判断された人
  • 過去にローン返済を延滞したことがある人
  • 現在他社の借り入れがある人
  • 電話連絡を避けたい理由に信ぴょう性がないと判断された人

審査担当者に断られてしまった場合は諦めて電話による在籍確認を受けるか、SMBCモビットのWEB完結申し込みを検討しましょう。

モビットならば「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」を提出できる、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている。こちらの2つの条件を満たせば電話連絡なしで審査を受けることができます。

プロミスの在籍確認の流れとタイミング

電話連絡を避けたい方も多いと思いますが、プロミスの電話対応は非常にクオリティーが高いため過度に不安に感じる必要はありません。

プロミスのコールセンターは6年連続COPC認証を取得していて、担当者は様々なシチュエーションに柔軟に対応してくれます。

勤務先に電話を掛ける際は決して社名を出さず個人名を名乗りますので、在籍確認だと知られる心配もありません。

また、本人が不在で電話に同僚が出たとしても用件を告げたりはしませんし、非通知設定で掛けてくれますので誰かが折り返してしまう心配もありません。

希望があれば時間指定も可能です。自分で電話を取りたい方は、自席にいる時間帯を希望しましょう。

さらに、同性スタッフからの電話を依頼することも可能ですので安心して電話を待てるのではないでしょうか。

電話がかかってくるタイミングは審査の混み具合にもよりますが、申し込みから約30分から1時間後が多いです。

通常、電話確認は審査の最後のステップで行われます。属性スコアリングや信用情報の審査に問題がなかった場合に、最終確認として申告通りに勤務しているかどうかを審査します。

ただし、属性スコアリングの審査はコンピューターによりスピーディーに完了しますので、審査申し込みがすいている時は申し込み後数分で在籍確認が行われる可能性もあります。

時間指定をしたい場合は申し込み後すぐにコールセンターに電話をするか、カンタン入力で申し込みをして担当者から連絡がきた際に伝えましょう。

プロミスの担当者
「私、〇〇と申しますが、△△さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか?」
申込者
「はい、私が△△です。」
プロミスの担当者
「△△さん(フルネーム)ですね。プロミスの○○と申します。在籍確認のためにお電話いたしました。これで在籍確認がとれましたので失礼いたします。」

一方で、会社の同僚が電話応対をする場合の在籍確認は以下の流れで行われます。

プロミスの担当者
「私、〇〇(個人名)と申しますが、△△さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか?」
同僚
「△△はただいま席を外しております。伝言を承りましょうか?」
プロミスの担当者
「いえ、結構です。改めてお電話させていただきます。失礼いたします。」

どちらのパターンも1分程度の会話ですので、在籍確認の電話だと疑われることはありません。

私用電話は怪しまれるのではないかと心配になるかもしれませんが、在籍確認以外の嘘の用件で電話をかけてもらうことはできません。

また、プロミス以外の特定の社名を名乗ってもらうこともできませんので注意しましょう。

勤務先がお休みの場合はどうなる?

プロミスの審査に申し込んだ日が勤務先の休業日にあたる場合は、原則として会社の休み明けの営業日に確認が行われます。

しかし、会社の休業日でもどうしてもその日のうちに融資を受けたいなどの事情がある方もいるでしょう。

そのような時は申し込み後にプロミスコールに電話をして相談してください。その他の審査次第では、少額融資なら応じてくれたり書類で代替してくれたりなど対応してくれる可能性があります。

派遣社員やアルバイトは周囲の人に電話があることを伝えておく

派遣社員やアルバイトの方は正社員と比較して在籍確認がうまく進みづらい傾向にあります。

派遣社員の方は派遣元の電話番号をプロミスに申告します。雇用主は派遣元であり給与も派遣元から支払われているためです。しかし、派遣元の電話担当者が派遣社員全員の名前を把握しているとは限りません。

不安な方は派遣元の電話窓口の人に、在籍確認の電話がくると伝えておきましょう。

「クレジットカードを作成したので在籍確認の電話が入るかもしれません。」

このように伝えれば怪しまれません。

アルバイトの方は本社ではなく実際に勤務している店舗の電話番号を申告しますので、電話がくることを周囲の人に伝えておくとスムーズに在籍確認が終了します。

最後に在籍確認の電話に関する不安を少しでも取り除くための対策をご紹介します。

WEB完結ではなくカンタン申し込みで申し込む

在籍確認について相談したい場合はプロミスコールセンターへの連絡が不可欠だとご説明しました。

しかし、申し込み後に電話連絡する際に電話が混み合っていてなかなかつながらないこともあり得ます。

このような事態を避けるためには、WEBカンタン入力の申し込みをおすすめします。

カンタン入力で申し込めば必ずプロミス側から電話がかかってきますので、電話がつながらずに焦る心配もありません。

  • プロミスの在籍確認を免除してもらうことはできない
  • 電話ではなく書類代替などの方法をお願いできる
  • WEBの「カンタン入力で申し込み」を選択すると、在籍確認について相談しやすい
  • 時間・担当者の性別の指定が可能

プロミスの在籍確認の電話は対応のクオリティーが高いため過度に心配する必要はありませんが、事前対策をとっておくとより安心して申し込むことができます。

電話連絡以外の方法を希望する場合は、理由を正直に話して審査担当者に相談しましょう。