プロミスの審査は甘い?審査に通りやすい人と落ちる人の特徴

プロミスはテレビCMや広告でも頻繁に見かける大手消費者金融です。なじみがあるが故にいつの間にか審査が甘いイメージを持ってしまっているかもしれません。

しかし、当然のことですがプロミスは誰でも審査に通るわけではなく、厳しい審査が行われています。そのため、決して審査通過率が高いわけではありません。

プロミスの審査に申し込める人

プロミスの審査では、安定した収入があることと信用情報を重視して行われます。審査に申し込める方は20歳から69歳までの安定した収入がある方です。

プロミスの申し込み条件

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
プロミスのお申込条件と必要なものより引用

未成年の方はプロミスに申し込むことができません。しかし成人していれば学生でも申し込むことが可能です。

安定した収入が必要ですので、専業主婦の申込はできません。パートやアルバイトをしている主婦は、安定した収入があるとみなされますので申し込み可能です。

安定した収入の定義は、2か月以上勤務先から給料を得ているかどうかです。銀行カードローンの場合は、半年以上同じ職場に勤務しているかどうかを審査されますが、プロミスの審査基準は銀行カードローンよりも甘いと言えます。

しかし勤続年数は長いに越したことはありません。勤続年数が長いほど収入が安定しているとみなされますので、借入限度額が高くなる傾向にあります。

また年収が高ければ高いほど、借入限度額も高くなります。

プロミスレディースキャッシングの申し込み条件も同様です。レディースキャッシングには女性専用ダイヤルが設置されており、必ず女性オペレーターが対応してくれます。通常の審査が不安な主婦の方は、プロミスレディースの利用もおすすめです。

プロミスのお借入シミュレーションは必ず利用する

プロミスでは審査に申し込む前に、借入シミュレーションを実施できます。3項目入力するだけの簡易診断で、最低限の借り入れ条件をクリアしているか確認できます。

信用情報に余計な傷をつけない為にも、審査前の利用をおすすめします。

ただし、お借り入れシミュレーションに通過したからと言って、絶対本審査に通るわけではありません。なぜなら簡易診断では信用情報の審査ができないからです。

お借り入れシミュレーションに通過した場合は、「ご融資可能と思われます」と表示されます。お借り入れシミュレーションに通過した方は、年齢条件や総量規制に引っ掛かっていないといった最低限の条件を通過したことになります。信用情報に問題なければ、まず本審査にも通過します。

逆に、お借り入れシミュレーションに通過しなかった方でも融資を受けられる場合があります。多くの場合年収が低すぎるか他社借入が多いことがマイナスとなっていますので、本審査に通過したとしても借入限度額は低く設定されます。

プロミスでお金を借りる流れを解説します

プロミスの審査に申し込んでからお金を受け取るまでの流れを解説します。まずインターネットから申し込みをすると、仮審査が行われます。

仮審査に申し込みをした時点で、オペレーターから本人確認の電話が入ります。本人確認はいたずらや虚偽の申込ではないか確認するだけですので、1分ほどで完了します。また借り入れの目的を聞かれる場合もあります。

仮審査に通過したら必要書類の提出をします。通常必要書類の提出を求めるメールが送られてきますが、追加の確認事項がある場合は再度電話が掛かってくることもあります。

メールに気付かないと審査が長引いてしまいますので、こまめにメールをチェックしてください。本人確認に必要な書類はネットやアプリからアップロードすることができます。借入希望額によっては収入証明書の提出が必要ですので、あらかじめ準備しておいた方が無難です。

必要書類の提出が完了した後は在籍確認があります。申込者の勤務実態を把握するために、プロミスから会社へ電話が掛かってきます。

在籍確認は審査の最終段階で行われます。在籍確認までたどり着ければほぼ審査に落ちることはありません。

在籍確認が完了すると、メールか電話で審査結果が通知されます。この時点で利用限度額が通知されます。

審査に通過したら晴れて契約の手続きをおこないます。審査結果の通知メールに契約に関する案内があります。

カード発行なしの契約を選択していた場合は、自動契約機に来店する必要もなくWEBで契約が完結します。

すぐにカード発行をしたい場合は自動契約機に来店します。自動契約機へ行けばすぐにローンカードが発行されます。

審査からお金を借りるまでの流れ
  1. 審査に申し込む。
  2. 仮審査開始。本人確認の連絡が入る。
  3. 必要書類の提出。
  4. 在籍確認の実施。
  5. 審査結果の通知。
  6. 契約。
  7. お金を受け取る。
仮審査に通過できなかった場合は、必要書類提出の前に審査落ちのメールが届きます。

契約が完了したらすぐにお金を受け取ることができます。提携ATMでお金を受け取ることもできますし、振り込みを選択することもできます。

審査時間は最短で30分

プロミスの審査は最短30分で結果が通知されます。しかし繁忙期や混みあっている時間帯は審査時間が長くなる傾向にあります。

申込のタイミングによっては審査からお金を受け取るまでに1時間もかかりません。

しかし審査結果が通知されるのは営業時間内のみですので、即日融資を希望する場合は余裕を持って申し込む必要があります。

営業時間ぎりぎりに申し込みをすると、審査が翌日に持ち込まれてしまいます。プロミスの審査は平日だけで出なく、土日や祝日も受け付けています。

審査時間は9時から21時までです。インターネットによる申し込みは24時間受け付けていますが、夜中に申し込んでも審査が開始されるのは9時からですのでご注意ください。

営業終了間際や週末は審査時間が長引く傾向にあります。即日融資を希望する場合は、遅くとも19時半までに申し込みを完了しましょう。

プロミスの審査に落ちる人の特徴

プロミスの審査に申し込んでも落ちてしまう人はいます。プロミスの最新の通過率は45%あたりですから、実際は半数以上の人が審査落ちしていことになります。

プロミスの審査に通らない人は、以下のような特徴があります。もし当てはまる場合は、信用情報に余計な傷が付く場合がありますので注意が必要です。

信用情報に問題がある

プロミスの審査でもっとも重要な項目が信用情報です。
長期延滞や債務整理といった金融事故を起こしてしまうと、信用情報に事故情報が登録されます。申込者に事故情報がある場合は確実に審査落ちします。

信用情報に異動の履歴があると、申込者が過去に長期延滞をした事実が確認できます。プロミスに限らず大手消費者金融は貸し倒れリスクを気にしていますから、異動情報のある申込者を審査通過させることはありません。

しかし事故情報は永遠に残るわけではありません。5年から10年で削除されますので、不安な方は事故情報が消えているか確認してから申し込みしてください。

また申し込みブラックも信用情報にとってマイナスです。申し込みブラックとは、短期間で複数の消費者金融に申し込んだ履歴のことを言います。

短期間に集中して消費者金融に申し込む人は、お金に窮していると伺えますので警戒されます。また他社の審査に落ちているかどうかも信用情報で確認ができます。

例えば、プロミスに申し込む前にアコムの審査に落ちた方は、審査通過が難しくなります。審査落ちの履歴は6か月間信用情報に記録されます。

総量規制を超えている

信用情報の審査では、事故情報の有無以外に他社借入件数や現在の借入総額をチェックされます。プロミスは貸金業法のもとで営業していますので、他社借入額が年収の3分の1を超えている場合はお金を貸すことができません。

消費者金融であるプロミスは総量規制の対象ですので、すでに借り入れが年収の3分の1を超えている人には絶対に融資を行ってくれません。

プロミスの審査をする前に信用情報に問題がないかチェックしておいた方が無難です。また総量規制にひっかからないかあわせてチェックするのをおすすめします。

不安な方は信用情報機関に開示請求を行ってください。現在の状態を確認してから審査に申し込みましょう。

総量規制に引っ掛かりそうな場合は、借入額を減らしてから審査に申し込むしかありません。早めに繰り上げ返済をして借り入れ額を減らすか、返済が厳しい場合はおまとめローンの検討をおすすめします。

クレジットカードなどの支払いを3か月以上延滞している

クレジットカードの支払いを延滞していると審査に落ちやすくなります。

最近は携帯電話の端末代金を分割で契約している人がほとんどです。携帯電話料金を延滞していると信用情報に傷がつきます。なぜならローンを組んでいる端末代金が未払いとなるからです。

延滞が3か月目に入るとぶらっくりすとに登録されてしまいます。

居住形態や雇用形態はマイナスにはならない

カードローンの審査では住宅の情報や勤務先情報を記入します。これらの情報が審査落ちの原因になることはありません。

居住形態は賃貸より持ち家のほうが高く評価されます。居住年数も長ければ長いほど審査にとってプラスになります。例え返済が滞っても、引っ越ししたり夜逃げする可能性は低いと判断されるからです。

だからといって賃貸に住んでいることが審査のマイナスになることはありません。引っ越したばかりだから審査落ちすることもありませんのでご安心ください。

雇用形態についても同様です。パートやアルバイトよりも正社員の方が審査にとってはプラスになります。しかしパートやアルバイトだから落ちることはありません。

当然公務員や大手企業の正社員のほうが有利ですが、この場合は借入限度額に影響します。中小企業で働いていることやパートであることがマイナスになり審査に落ちやすくなるということはありません。

プロミスの審査通過率はどれくらい?

一般的に銀行カードローンの審査通過率は公表されていませんが、プロミスをはじめとする大手消費者金融のIR情報を確認すると、新規成約率を知ることができます。

アコム、プロミス、アイフルの審査通過率を表にしました。

2019年3月期末 2018年3月期末 2017年3月期末 2016年3月期末
アコム 44.0% 44.8% 46.8% 47.9%
プロミス 45.2% 45.5% 42.9% 43.5%
アイフル 45.3% 45.6% 45.3% 43.5%

大手消費者金融三社の審査通過率を比較すると、さほど大きな違いはないことがわかります。
しかし、二人に一人は審査落ちしています。確かに銀行カードローンに比べれば審査が甘いと言えますが、絶対通るわけではないのでしっかり準備することが大切です。