楽天カードは作りやすい?面倒な手続き不要!楽天カードの作り方や流れや手順!作るときの注意点も解説

楽天市場などで買い物をする方はよく耳にする「楽天スーパーポイント」が貯まるのが楽天カードです。

しかし、楽天カードを初めて作る場合には、どんなメリットがあって、デメリットがあるのか気になりますよね。

カードを申し込んだはいいけど、どういう流れで発行されるのか?楽天カードってそもそもどんなカードなのか?

今回は楽天カードのメリットやデメリット、審査に通りやすくする方法もご紹介していきます!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

楽天カードの申し込みから発行までの流れ

楽天カードの申し込みから発行までの流れをざっくりと説明していきます。

1.楽天カードに申し込む

2.楽天カード側で審査が行われる

3.審査の結果が来る・審査に通ったら…

4.楽天カードが自宅に到着する

このような流れで楽天カードを入手することができます。ちなみに、楽天カードは申し込みから約7日で自宅に届きますが、審査結果の確認は、楽天IDを使って調べることもできます。

いきなりカードが送られてくるとびっくりすることもあるので、楽天IDでチェックすることもおすすめです。

そもそも楽天カードってどんなカード?

そもそも楽天カードってどんなカードなのでしょうか。スペックは下記の通りです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 100円につき1ポイント(1円相当)=1%
対応電子マネー 楽天Edy、QUICPay
ETCカード・家族カード ETCカード540円・家族カード永年無料
海外旅行損害保険 最高2000万円(利用付帯)
国内旅行損害保険 なし
ショッピング保険 カード盗難保険が付帯・万が一の際にはコールセンターに電話をすれば対応可能
入会特典 楽天市場での買い物が毎回ポイント3倍
入会キャンペーン 新規入会とカード利用で最大5000ポイントゲット
締め日と支払日 月末締め、翌27日払い
さすがは9年連続顧客満足度1位のカードというだけのことはありますね。

年会費が永年無料なのに、還元率は常に1%ですから、こんなにオイシイカードはなかなかありません。

審査に通りやすくするにはキャッシング枠をゼロに

楽天カードの審査を通りやすくするコツは、キャッシング枠をゼロにすること。申込時に、キャッシング枠を入力する画面が出てきますので、そこをゼロにすることにより、審査に通りやすくなります。

なぜかというと、キャッシング枠はいわゆる借金と変わらないので、キャッシング枠の額面を多くしておくと「もしかしてこの人お金ないのかな?返済能力はあるのかな?」とマイナスなイメージを会社側に与えてしまうからです。

それに加えてリボ払いも選択しないことがポイントです。自動リボ払いは利息がついてしまい、あとあとの支払いが大変になってしまうので、選択しないことをおすすめします。

さらにほかのカードとの同時申し込みもしないほうが良いです。複数の会社から借金をするイメージになるため、これも会社側からのマイナスイメージになってしまいます。

楽天カードを作るときに必要なもの

楽天カードを作るうえで必要なものはたったこれだけ!
1.引き落としが出来る口座
2.自身の年収
3.住所や電話番号などの個人情報

ちなみに所属している会社なども入力しなくてはならないので、メモを取っておくなどをして、準備しておくことをおすすめします。

さらに、審査に通ったあとに必要なものとしては・・・
楽天カードが本人限定受取郵便で発送された場合には、カード受け取りに

1.本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
2.印鑑

が必要になります。

楽天カードを申し込むときの注意点

楽天カードを申し込む際の注意点としては、パソコンを使って申し込みをしたほうがいいということです。

それはなぜか?…引き落としの金融機関との連携がうまくいきやすいからです!
スマホからでも申し込みはできますが、金融機関とのリンクがうまくいかないと、のちのち郵送にて金融機関の選択をしなくてはならなくなります。

そんな手間を省くためにも、パソコンを使って楽天カードの申し込みをしましょう。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは・・・
1.ETCカードの年会費が540円がかかること
2.紙の利用明細を発行するためには82円かかること

家族カードは永年無料で作ることができるのに対して、ETCカードには年会費がかかってしまうのが残念な点です。

特にETCカードを作る予定のない人にはたいしたデメリットにはなりませんね。ちなみに楽天カードの楽天PointClubの会員ランクがプラチナ、ダイヤモンドだと年会費は無料になりますよ。

そして、Webの明細では無料で見ることができますが、紙の明細書を送ってもらおうとすると、月に82円の手数料がかかってしまいます。年間にして984円にもなってしまうので、できればWeb明細を利用するようにするといいでしょう。

楽天カードの新規申し込みはキャンペーンが充実!

新規申し込みで、最大5000ポイントをゲットすることができます。しかしそれには条件があるのでご注意を!

・新規入会特典…2,000ポイント
・カード利用特典…3,000ポイント

つまりは、新規申し込みで2000ポイントゲットすることができ、カードを利用してはじめてプラス3000ポイントをゲットすることができるということです。
申し込むだけでは5000ポイントは得られませんので、カードの利用をしましょう!
まとめ
楽天カード最大のメリットは、やはり年会費が永年無料なのに、還元率が1%であるところといえます。ちなみに主婦や学生でも審査が通りやすいのも楽天カードならではのメリットです。
楽天スーパーポイントも使いやすく、楽天市場での買い物にも利用することができるので、楽天市場でよく買い物をするというかたは、作らない手はありませんよ!