未分類

審査なしのカードローンを調査!すぐ借りれるのはどこ?

カードローンを申し込んだら、避けて通れないのが審査です。審査なしのカードローンを探している方が多いかと思いますが、ヤミ金でもない限り審査は必ず必要です。

しかしカードローンの審査は、あなたの信用情報と属性を把握していれば、そんなに不安になるものでもありません。

審査に通るには、この2つが重要な要素になるというわけです。カードローンの審査に通るか心配な方は、まず自分の属性把握から始めてみましょう。

信用情報に問題がある場合のケース

カードローンにおける信用情報は、あなたにお金を貸しても問題ないかを計る上で大切な要素です。

クレジットカードを発行する時も、信用情報は大切な要素を持っています。

信用情報とは、個人信用情報機関に保管されるクレジットヒストリーのことを指します。クレヒスには、あなたがいつ、どこでお金を借りたのかといった情報や、いくらの金額を返済したのかといった情報が記録されています。

複数から借り入れしている場合も、信用情報に記載されています、

信用情報は、個人信用情報センターから取り寄せることができます。

その結果、もし信用情報に傷が付いている場合は、正規の貸金業者からは借入ができません。

クレヒスに傷がある場合は、誠実に信用を積んでいくしかありません。きちんと返済をしていれば、信用を作ることができますし、クレジットカードを作って、きちんと使用することでも積むことが可能です。

逆に、クレジットカードやカードローンを全く使用したことがない方は、スーパーホワイトと言われ、信用情報が全くない状態となります、

スーパーホワイトの方は、異動情報はありませんが、きちんとクレジットカードやカードローンを利用している方より信用がない状態となります。

ですから、スーパーホワイトの方は、高額融資に通らないことがしばしばあります。

携帯電話の未払いがある場合は注意が必要

携帯電話の料金未払いがある方は要注意です。携帯電話の料金には携帯端末の割賦代金が含まれています。つまり、携帯電話はローンを利用して購入していることになります。

携帯電話の料金未払いは、カードローンで返済遅延を起こしているのと変わりはありません。ですから、スマホの未払いが続くと、信用情報に傷が付いてしまいます。

審査に影響を与える属性について

カードローンの審査で見られる属性は、所得だけではありません。住居形態や家族構成、固定電話の有無などもチェックされます。属性は、限度額や金利の設定に影響を与えます。

属性が低いと、高額の融資は受けられません。属性が高いと、審査通過が有利になることは間違いありません。

それでは、カードローンの審査でチェックされる項目を説明していきます。

収入形態

収入は高ければ高いほど属性が高いと判断できます。カードローンでお金を借りるときの目安は最低でも年収100万円を超える収入があったほうが安心です。また、年収が日本の所得平均である400万円を超えていればある程度属性が高いと判断できます。しかし、400万円はあくまで平均。年収が高くなればなるほど属性は高く、借入できる金額が増えていきます。
また、収入が高くても収入を得る方法が固定給か歩合かでも属性の高さが変化します。カードローン審査において、安定した返済ができる人の方が信頼されますので固定給で収入を得ている人の方が属性として高い位置にいます。

職業・勤続年数・雇用形態・勤め先の規模

職業や就業形態による属性はあなたの安定した返済能力を計るために見られる項目です。その為、公務員や大型の弁護士事務所所属。大学病院の教授などの世間的にも安定した高収入を得ている職業が高い属性を持っているといえます。倒産の不安が少ない大企業に勤めている方も同様に高い属性評価を受けることができます。
逆に、パートタイムやアルバイト。単発の派遣社員や水商売のような安定していない職業についている人は属性が低いということがいえます。中小企業に務めている方は属性的には中の中~下の上くらいの属性にあるといえるでしょう。
また、属性の高い職業に就いていても雇用形態的に収入が不安定になる要素があればそれはマイナス点にもなります。

こういった属性の判断ができることに加え、勤続年数であなたが安定した返済能力があるかどうかを判断することもあります。例えば中小企業の平社員でも、入社1年目の人と5年目の人とでは属性的に5年目の人の方が高くあります。これは、転職をする可能性が高いことによって返済できなくなることを回避する為に見る項目です。職業属性が低くても1つのところに長く務めることで信用を積み上げることが可能です。勤続年数の目安としては最低でも半年。余裕があるなら1年以上の勤続年数があると安心です。

年齢・家族構成・固定電話の有無

年齢については若ければ若いほど属性的に有利だといわれています。その為、利用条件に記載されている年齢ギリギリの60.歳近い年齢だと審査に不利に働くことは否定できません。しかし、審査に通りやすい属性として40代前後の男性ということがあるのも事実。年齢はあくまで今後得る収入の多さを計るためのものなので、今現在収入を多くもらっている人が有利ということはあります。
次に家族構成です。
家族構成は、あなたが借りたお金を返せなくなったときに代わりに返済をできる人がいるのかを判断する為に見る項目です。1人暮らしだと頼れる人が周りにいないという判断をされますし、既婚で子供がいる場合にも返済に充てる余裕がないと判断されることもあります。なので、既婚で共働きの2人暮らし。両親と同居などの周囲に立替ができる人がいる家族構成だと審査に有利に働きます。

固定電話については近年のカードローン審査においてあまり重要視されません。固定電話では連絡がとりにくいこと。かといって携帯電話では簡単に電話番号の変更ができることから、電話の種類を審査内容に含むことが難しくなったことが考えられます。

居住形態・居住年数・住宅ローンや家賃の金額

居住形態はあなたのが安定した暮らしをしているのかを判断する為に使われます。例えば賃貸アパートとローンの払い終わった戸建。どちらが安定した生活を送っていると判断できるでしょうか。当然ローンの終わった戸建ですよね。

居住形態が審査に影響するのは、あなたが今すんでいるところからいなくなる可能性があるかを判断する為です。そのため、簡単に引越しをすることができない自分名義の持ち家に住んでいる方が最も属性的には高く、簡単に引越しのできる賃貸アパートや公営住宅に住んでいる方の属性は低いものとなります。
また、居住年数に関してもあなたが連絡付かなくなる可能性を判断するためにカードローンの審査で見られる項目です。
居住年数が長ければ長いほどあなたは連絡が付きやすいとみなされ、審査における属性は高いものとみなされます。

そして家のローンや家賃について。
家のローンや家賃についてはあなたが今負担している返済すべき金額(支払うべき金額)が少ないかどうかでどの程度の貸付ができるのかというのを判断するのに使われる判断材料です。同じ所得でも家賃10万円のところに住んでいるのか、家賃4万円に住んでいるのかで返済にどの程度の安定感が生まれるのかが変わりますよね。
家賃負担は少ないほうが属性が高いということはいえませんが、あなたの所得に対して家賃や家のローンが不自然な金額になっているとカードローン審査時には不審がられる可能性があります。

健康保険の種類

健康保険には「共済保険・組合保険・社会保険・船員保険」など様々な種類のものがあります。
その中でも属性として高い位置にあるのが共済保険と組合保険。
共済保険は公務員の方しか持っていない保険証なので、共済保険に加入しているというだけであなたの信用は担保されているということになります。
また、組合保険も大企業と呼ばれる大手の企業しか加入していない保険となるので、倒産のリスクが低い企業に勤続しているという証明になります。
その他の保険は属性としては低いわけではなく普通といった位置づけです。

保険証の種類で属性の高い低いが変わるのはあなたの勤めているところが明確にわかるから。そのため、あなたが属性の高い共済保険や組合保険に加入しているなら、身分証明書の提示のときに保険証を提示したほうが審査に有利に働きます。
(社会保険に加入してい場合にも身分証明書提示の際に勤務先がわかるので保険証を提示したほうが良いといえます。)

勤続年数

勤続年数はあなたの勤勉さを計る為に用いられる項目と判断してよいでしょう。その為、1つの目安として同じ職場で1年以上の勤続年数がある場合には審査のときの申告で問題視されるケースはとても少ないといえます。ですが、1年未満の勤続年数だからといって確実に審査に通らないというわけでもありません。目安としては1年以上の勤続を。最低ラインとして半年以上の勤続年数があると審査通過にそれほど支障はきたしません。

申告のテクニック

例えばあなたの勤続年数が10ヶ月と半月だった場合、確実にその旨を書かず11ヶ月。ないし1年といった少し勤続年数を上乗せして審査時に申告することが可能です。ただ、勤続年数1年には後2ヶ月近くあるので、理想はあなたの勤続年数プラス1ヶ月くらいのちょっとした上乗せをするほうが虚偽申請とみなされずに済むので安心です。行き過ぎた上乗せは嘘の申告としてブラック登録されてしまうばかりか、最悪経歴詐称の罪に問われます。

信用の積み上げ

信用の積み上げはカードローンやキャッシングを利用するしか方法がないわけではありません。クレジットカードの利用や携帯電話の本体料金の割賦払いも信用の積み上げの方法として活用できる方法です。信用を積み上げるには、借りたお金にたいして延滞や踏み倒しをせずに支払いを行うことが大切です。クレジットカードの利用は商品を買うときにクレジットカード会社に料金を立て替えてもらって購入をし、次の引落日に立て替えてもらったお金(借りていたお金)を返すことで信用を積み上げることが出来ます。また、携帯電話の割賦払いは高額商品の購入を分割払いで行っていることと同義です。分割払いも購入時に代金を立て替えてもらっている状態と同義なので、毎月の携帯電話料金を支払うだけで信用を積み上げることが出来ます。

審査時のテクニック

カードローンの申し込みの時に今まで延滞していたかどうかを記入する欄はありません。しかし、あなたの信用情報は全て個人信用情報機関というところに保管されています。審査結果通知の際に万が一延滞のことについて聞かれたときには正直に答えるようにしましょう。今はwebで申し込みをして機械でお金を受け取れるとはいえ、取引をしているのは人対人です。あなたの印象が悪くなれば相手の心象も悪くなります。特にカードローンは心象が悪いという理由で審査落ちする可能性も孕んでいるので要注意です。

現在の借入件数について/h5>
あなたは現在借金をしていますか?もし複数社借金をしているようでしたら、今の借入件数は何社でしょうか?
複数の会社から借入をしている方は、多重債務者という位置づけにあります。多重債務が良い事とも悪いこととも言うつもりはありませんが、現在3社以上の借入がある方は要注意です。借入件数があるということはすなわち1社の借入では資金繰りが出来ず、他の会社からも借りてしまっているという事実を露呈している状況です。多くても3社借入の状態で留めておかないと、カードローンの審査に通過するのは難しいでしょう。

複数社からの借入をしている方がまずすべきことは、すぐに返済できる会社の借金を完済してしまうことです。完済さえしてしまえばあなたの持つ借入先が1社減るということですから、多重債務の状況が軽くなるということになります。あなたの新規借入目的がおまとめであれなんであれ、まずは1社でも多く完済してしまうことが先決です。また、3社以内に借入先が収まっている方はおまとめローンを検討してみてください。審査申し込みのときにおまとめローン希望であることを伝え、おまとめローンに積極的に取り組んでいる会社に申し込みをすれば返済負担が一気に軽くなる可能性があります。

短期間に多くの申し込みをするのは絶対に止めてください。短期間の多重申し込みは申し込みブラックと呼ばれ、異動情報が個人信用情報機関に登録されてしまいます。現在申し込みブラックで登録された異動情報は登録されてから6ヶ月経たないと消えません。具体的には1ヶ月以内の多重申込が特に危険で、場合によっては2社申し込みでも3社申し込みでも申し込みブラックとみなされることもあります。短期間に申し込みをするなら上限は2社まで。多く見ても3社までに留めるようにしてください。

カードローンの申し込みをすると、申し込みをしたカードローン会社があなたの信用情報を個人信用情報機関から取り寄せます。信用情報機関では、信用情報が取り寄せされた時間(何時何分何秒まで)を記録しますので、多重申し込みをたら100%ばれてしまいます。もし数社に申し込みを考えているなら、1社の審査に通過した時点で申し込みをしてみましょう。審査通過の前に他社に申し込みをしていることが分かったら、貸金業者の心象が悪くなってしまいます。

勤続年数のポイントでも紹介しましたが、属性の申告は少し色よく見せても問題はありません。むしろ、正直に書くことで審査に通過できないことや限度額を低くされることもあるので、虚偽にならない程度に属性を良く見せることはカードローン審査に通過するためには欠かせないテクニックだといえます。ただ、気をつけなければならないのは、カードローンをはじめ、カードローン商品を扱っている会社はどんな職業で何年働いていて、どんな役職についているかで大体の収入を予想することが可能です。これは、今までの貸付の実績から、職種と勤続年数、役職によって収入がどれくらいあるのかを全て把握しているからです。賞与の増減などで細かいところには誤差がありますが、大体の数字はあっているのであまりに現実とかけ離れた年収を書いたりすると審査に通ることはありません。

例えば年収が235万円だったとしたら年収250万円と記載するくらいだと問題はありません。勤続年数も同様です。
気をつけたいのは勤務先の欄。例えば親会社の系列店舗に務めている場合、店の名前を記載するのではなく母体の会社の名前で勤務先を記載するのが良いでしょう。株式会社○○の系列店舗の△△という店で働いていても、所属している店舗の元締めは株式会社○○です。株式も何も付いていない店の名前を書くよりも株式で会社が成り立っているという事実が審査する側の心象を良くすることもあります。
※所属店舗が完全に独立して経営が行われている場合、この方法は使えませんので気をつけてください。経営の母体と収益を上げている店舗の名前が違うときに使用できる方法です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です