三井住友VISAデビュープラスカードの使い方まとめ。審査難易度やメリット・デメリットをまとめました

CMなどで「三井住友VISAカード」というクレジットカードをご存知の方も多いでしょう。

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、その「三井住友VISAカード」と同じ大手カード会社である三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

名称に“デビュー”とあるように、学生・新社会人向けのクレジットカードで、18歳〜25歳の方しか利用することができません。

「三井住友VISAデビュープラスカード」とは?

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、「満18歳〜25歳の方(高校生は除く)」しか申し込むことができません。
未成年の場合は親権者の同意が必要です。

年会費は、初年度は無料。
「1年に1回以上の利用があれば」翌年度以降も無料になります。
前年度に利用がない場合は1,250円+税の年会費が発生してしまいます。

また、「三井住友VISAデビュープラスカード」は、ポイントがいつでも2倍付与されます。
利用額1,000円につき2ポイント(通常は1ポイント)が付与され、1ポイント5円相当なので、ポイント還元率は1%になります。

実は、日本初のVISAカードは三井住友カードが発行した「住友VISAカード」。
VISAは売上高が世界1を誇る国際ブランドで、世界200以上の国と地域で利用可能なので、海外旅行にも便利です。
これだけの歴史があるので安心できますし、ステータス性を求めている方にもおすすめできるカードです。

メリット

「三井住友VISAデビュープラスカード」の最大のメリットはなんといってもポイントがいつでも2倍であるという点。

通常は利用額1,000円につき1ポイントがたまるところ、「三井住友VISAデビュープラスカード」の場合は2倍の2ポイントたまります。
さらに、入会後3ヶ月間はポイント5倍。
1ポイント5円相当で利用できるのでポイント還元率はいつでも1%、入会後3ヶ月間は2.5%ということになります。

また、ネットショッピングをする際に「ポイントUPモール」という独自のサイトを経由して買い物をするとポイントが最大20倍に。
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手サイトも対象になっているので、効率良くポイントをためることができます。

ポイントの交換先もANAマイレージ、Amazonギフト券、スターバックスカード、nanacoポイントなど、若い方でも使いやすいものが多くあります。

そして、年会費の安さもメリットの1つ。
初年度は無料で、前年度の利用が1回もなければ1,250円+税の年会費が発生してしまいますが、逆に言えば“1年に1回でも利用があれば”年会費は無料ということ。
これは、実質無料と言ってもいいほどハードルの低い条件でしょう。

また、カード発行まで最短3営業日というのも魅力の1つ。
クレジットカードが手元に届くまで数週間かかることもあるクレジットカードですが、「三井住友VISAデビュープラスカード」は審査結果が分かるのは最短当日という早さ。
インターネットでも申し込むことができるので、とにかく早くクレジットカードがほしいという方にとっては助かるのではないでしょうか。

歴史ある三井住友カードが発行しているだけあって、セキュリティー面も充実しています。
紛失・盗難による不正利用は年間最高100万円の補償が受けられます。
また、ICチップ搭載なので、偽造されにくい仕様になっています。

デメリット

「三井住友VISAデビュープラスカード」のデメリットとして挙げられるのは、「25歳までしか利用できない」という点です。
申し込みだけではなく、利用も25歳までしかできません。

26歳以降は、自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わります。
この「三井住友VISAプライムゴールドカード」は20代専用のクレジットカードなので、切り替わってもずっと利用できるわけではなく、年会費も5,000円(条件付きで1,500円にすることも可能)発生します。
もちろん、自動的に切り替わる前に「三井住友VISAデビュープラスカード」を解約すれば
余計な費用はかかりませんが、「三井住友VISAデビュープラスカード」の特典は25歳までしか受けられないことには変わりありません。

また、海外旅行傷害保険が付帯していないという点もデメリットの1つ。
「三井住友VISAデビュープラスカード」を海外でショッピングなどに利用することには問題ありませんが、それだけに海外旅行傷害保険が付帯していないというのは残念な点。
もし海外で病気になったり怪我をしてしまった場合は、数百万円ものお金がかかることもあります。
そのため、別途保険に加入するか、海外旅行傷害保険が付帯している別のクレジットカードを持参する必要があります。
まとめ
「三井住友VISAデビュープラスカード」はポイントがためやすく、1年に1回でも利用があれば無料になるので、初心者でも安心して利用できるクレジットカードです。
便利だから、ポイントをためたいから、という理由でクレジットカードを作成したい方にもおすすめですが、特におすすめなのは、ステータス性を求めている方です。
26歳以降に自動切替になる「三井住友VISAプライムゴールドカード」は、その名の通りゴールドカード
20代半ばでゴールドカードを持っている方は決して多くはなく、1つのステータスになります。
「三井住友VISAデビュープラスカード」からスタートし、実績を積み、徐々にランクアップしていくという使い方もできるのです。
このページの先頭へ戻る