三井住友プラチナカードの使い方まとめ。審査難易度やメリットをまとめました

三井住友プラチナカードは銀行系カードの代表格である三井住友カードが発行する、最高ランクのクレジットカードです。

年会費は50,000円(税別)と高額ですが、それに見合ったステータス性と豪華なサービスや特典があります。

本記事では、三井住友プラチナカードの特徴やお得な使い方について紹介します。

三井住友プラチナカードとは?

三井住友プラチナカードは、三井住友カードが展開する最高ランクのクレジットカードです。

大手メガバンク系のプラチナカードということで、持っているだけで一人前の社会人としてのステータスと言えるでしょう。

1.基本スペック
まずは三井住友プラチナカードの基本スペックについて確認していきましょう。

基本スペック
年会費 50,000円(税別)
ポイント還元率 0.3?0.5%
※電子マネー・商品券・ギフトカードに交換した場合
国際ブランド VISA、MasterCard
ETC年会費 無料
利用可能額 原則300万円?
年会費は50,000円(税別)と、他のクレジットカードと比較しても高い部類に入ります。しかしその分、家族カードの年会費は全員分無料となっています。

利用可能額は原則として最低300万円です。

上限額には一律の制限がなく、会員の年収やカードの利用状況に応じて定められます。

2.審査難易度
三井住友プラチナカードの申し込み条件は、
「満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」
となっています。

30歳以上という年齢制限や利用額に上限が定められていないことから、三井住友プラチナカードの審査にはそれ相応の安定した収入が求められると考察できます。

メリット

三井住友プラチナカードは年会費が高めに設定されていますが、それに見合った豪華な特典やサービスが受けられます。
ここでは三井住友プラチナカードのメリットについて紹介していきます。

1.航空券やホテル・レストランの予約代行サービス
コンシェルジュサービスを利用すれば、航空券やホテル・レストランの予約を24時間電話一本で依頼できます。

2.充実した空港ラウンジサービス
国内の主要空港のラウンジを無料で利用することができます。
海外に関しては、メンバーズセレクションでプライオリティパスを選択すれば、世界130カ国・1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

3.空港から手荷物を無料で宅配できる、手荷物宅配サービス
海外から帰国した際、荷物2つを無料で自宅や職場に宅配することができます。
他のクレジットカードでも手荷物宅配サービスに対応していることはありますが、無料で送れる荷物の数は1個までということが多いです。
三井住友プラチナカードは荷物を2つまで無料で送ることができるのが嬉しいポイントです。

4.名医によるセカンドオピニオンサービス
メンバーズセレクションでセカンドオピニオンサービスを選択すれば、医学界を代表する医大教授クラスの医師によるセカンドオピニオンを受けることができます。
セカンドオピニオンは通常であれば高額となることも多いので、ぜひ活用したサービスです

5.充実の付帯保険サービス
国内・海外の両方で旅行傷害保険が最大1億円まで補償されます。
その他にも様々な保険が付帯し、クレジットカードによる保険は三井住友プラチナカードが1枚あれば十分と言えます。

6.会員限定のイベント・プロモーション
三井住友プラチナカードの会員限定で、様々なイベントに参加できます。
過去には下記のようなイベントがありました。

・浅草エキゾチックディナーショー
・クルーズスタイルイベント「なごみせとうちの夕べ」への招待
・「銀座 飛雁閣」一日限定高級食材食べ尽くし特別ディナー など

毎月様々なイベントが開催されているため、ぜひチェックしてみてください。

デメリット

1.年会費が高額
三井住友プラチナカードの年会費は50,000円(税別)となっており、クレジットカードとしては高額の部類に入ります。
その分特典やサービスが充実しているため、存分に活用して元を取るようにしましょう。

2.ポイント還元率が低い
三井住友プラチナカードはポイント還元率が0.3?0.5%となっており、年会費が高い割に他のクレジットカードと比べて低めです。

買い物でポイントをたくさん貯めたいという人は、ポイント還元率の高いクレジットカードをもう1枚持っておくのがおすすめです。
まとめ
本記事では、三井住友プラチナカードの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。
三井住友プラチナカードは年会費が高額なクレジットカードではありますが、それに見合ったステータス性や豪華な特典・サービスがあるクレジットカードです。


このページの先頭へ戻る