学生でも作れるクレジットカード。学生向きのおすすめのクレジットカードを紹介

大学生、つまり18歳以上になると、それまでに比べて自由にできることが増えます。
また、社会人になる前の準備段階とも言える時期です。
そのため、高校生まではできなかったことをやってみたいと思う方も多いでしょう。

特に、大学生からアルバイトを始めるという方は非常に多いです。
初めて自分でお金を稼ぐ経験をすることで、よりお金に対しても興味がわくことでしょう。
中には、「そろそろクレジットカードを作ってみたいな・・・」と考える方もいらっしゃると思います。
でも、そもそも大学生でもクレジットカードは作れるの?と疑問に思う方も少なくないのではないでしょうか。
もちろん、大学生でも作成できるクレジットカードはあります。
どのようなカードがあるのか、見ていきましょう。

未成年でもクレジットカードは作れるの?

現在では、未成年でもクレジットカードを持っている人は少なくありません。
むしろ、「学生専用」のクレジットカードもあるぐらいです。
そもそもクレジットカードは収入面などで審査があるのに、学生専用・学生向けのカードとはどういうことなのでしょうか?

学生でも作れるクレジットカードは、基本的に18歳以上(ただし、高校生は不可)であれば申し込むことができますが、未成年(20歳未満)の場合は親の承諾が必要なので注意が必要です。
学生の場合は収入がなくても当たり前なので、本人に収入がなくても申し込むことに問題はありません。
収入がないのにクレジットカードを作ることができるのは、学生であれば親権者からなんらかの金銭面での援助を受けていることがほとんどで、代わりに返済してもらえるからなのです。
ちなみに、奨学金をもらっていても申し込むことはできます。

学生だから申し込みに特別な書類が必要といったこともありません。
基本的には一般の人と同じ、「引き落とし口座が分かるもの」「(場合によっては)引き落とし口座の銀行印」「身分証明書」、未成年の場合は「保護者の同意書」です。

収入が少ない学生にもカードを発行しているのは、学生のうちから自社のカードを使ってもらい、社会人になってからも使い続けてもらおうという目論見があるのかもしれません。
ただし、利用限度額は通常よりかなり低めに設定されている場合もあるので、利用前に限度額はしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

学生におすすめのクレジットカード

学生でも作成できるクレジットカードの中でも、特におすすめのクレジットカードをご紹介いたします。

・学生専用ライフカード
このカードは“学生しか申し込むことができない”ライフカードです。
「学生生活を強力サポートする」と謳っているように、学生をターゲットにしたお得なクレジットカードです。

・通常のライフカードと同様、誕生月はポイント3倍
・海外でのショッピング利用額の5%がキャッシュバック
・海外旅行傷害保険付帯
・学生専用お問い合わせ窓口がある

など、学生でも安心できるサポート・特典があります。

・三井住友VISAデビュープラスカード
このカードは18歳〜25歳が申し込めるクレジットカードです。

・いつでもポイント2倍
・入会後3ヶ月間はポイント5倍

このように、特にポイント面でお得なカードです。
また、大手のカード会社が発行しているという点も安心できるポイントでしょう。

初年度は年会費無料ですが、翌年以降は前年に1回以上の利用がないと年会費が発生してしまうので、利用することを前提として申し込んだ方が良いでしょう。

・楽天カード
「楽天カードマン」のCMでもおなじみの楽天カード。
このカードは学生専用のクレジットカードではありませんが、満18歳以上(高校生は除く)であれば申し込めるカードです。

このカードは年会費無料のカードで、なんといっても入会特典でもらえるポイントが魅力。
時期によっても異なりますが、入会+カード利用するだけで5,000ポイント(=5,000円分)はもらえます。(8,000ポイントやそれ以上の時も過去にありました)

そして、ポイントは100円につき1ポイント付与されるので、ポイント還元率も1%となかなか。
楽天市場の利用など、条件によってはもらえるポイントがさらにアップするので、学生ならずとも持っておきたい1枚です。

・セゾンブルーアメックス
このカードは、一般的にステータス性が高いと言われているアメックス(アメリカン・
エクスプレス)のカード。

このカードが学生におすすめできる最大のポイントは「26歳まで年会費無料」という点。
年会費が高いカードが多いアメックスでこの条件はかなりの驚きに値します。
また、海外・国内旅行傷害保険も最大3,000万円が補償されるという点もメリットの1つ。
留学や海外旅行に行く場合には安心です。

さらに、「海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス」と「手荷物無料宅配サービス」が利用できるのもありがたい点。
特に学生のうちにたくさん旅行しておきたいという方におすすめです。

学生がクレジットカードをもつことへのQ&A

・学生でも複数枚クレジットカードをもつことは可能か?
学生でもクレジットカードを作成することは可能です。
用途やたまるポイントの種類によって使い分けたいという方もいらっしゃるでしょう。
ただし、2〜3枚程度であれば問題ないと思われますが、もともとクレジットカードは支払い能力があるかどうかを審査されているので、5枚も6枚も申し込んでしまうと審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

・社会人になったら学生専用カードはどうすべきか?
申し込み時は学生であっても、当然卒業すれば学生という扱いではなくなります。
カードによっても異なりますが、一般的には、学生専用カードから一般カードへ切り替わります。
自動で切り替わる場合もあれば、契約情報を更新しなければいけない場合もあります。
また、同じカードの一般カードがない場合は、同じカード会社発行の別のカードに切り替わる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

<学生の利用限度額はなぜ低いのか?>
学生のクレジットカードの利用限度額は社会人に比べて低くなっていることが多いです。
その理由としては、社会人のような安定した収入がない学生は返済能力が高くないとみなされるからです。
低いといっても、1〜2万円というようなことはないと思うので、大きな買い物をすることがないのであればそれほど気にする必要はないでしょう。

もし、旅行などで限度額以上に利用する可能性があるのであれば、一時的に利用限度額を増やしてもらえる場合もあるので、カード会社に相談してみてください。
まとめ
「クレジットカードは大人が持つもの」と思っている方も少なくないかもしれませんが、学生でもクレジットカードを持っている方はたくさんいます。
また、学生向けのクレジットカードを発行しているカード会社も少なくないのは、それだけ需要があるということです。
クレジットカードは利用額に応じてポイントがたまるので、節約にもつながります。
社会人になる前の予行練習として、この機会にクレジットカードを作成してみるのも良いのではないでしょうか。